世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<マイクロ取引> ニューヨークタイムスが開始する巧妙なマイクロ取引


 遂に米国の大手新聞社がマイクロ取引に出ると公式に発表しました。一定の記事数までは無料で読め、その後はメーターの量(読んだ記事の数のことらしい。)によって課金すると言うものです。これなら広告収入を失う事無く記事を販売出来ると言う事ですね。
確かに米国新聞協会の記事単位の課金と言う考え方は「記者の動機を壊す」とか色々批判があります。だからメーターモデルを考えたわけですね。開始は2011年ですから、詳細はこれからです。
 流石に記事一本10セント見たいな話は表面に出さ無いみたいですね。
でも流石に新聞社のエリートは賢いですが、太平洋戦争末期の紫電改戦闘機隊位は活躍して花と散るのではないでしょうか。ネットの無料化圧力=代替財効果に勝てますかねえ。★★ The New York Times Announces Plans for a Metered Model for NYTimes.com in 2011
http://www.businesswire.com/portal/site/home/permalink/?ndmViewId=news_view&newsId=20100120005487&newsLang=en

The new approach, referred to as the metered model, will offer users free access to a set number of articles per month and then charge users once they exceed that number. This will enable NYTimes.com to create a second revenue stream and preserve its robust advertising business. It will also provide the necessary flexibility to keep an appropriate ratio between free and paid content and stay connected to a search-driven Web.

★★CONFIRMED: New York Times to Start Charging for Website in 2011
http://mashable.com/2010/01/20/new-york-times-to-start-charging/
 日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫

関連記事

2020年6月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930