世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<ソーシャルテレビ> グーグルの2009年第四四半期収益ライブ放送型カンファレンスコールの意義と限界


 まあ米国政府は委員会や公聴会のライブストリーミングを実施していますから、グーグルがカンファレンスコールを「ジャじゃ漏れ」しても可笑しくは無いとは思うのですが。でも絵はスピーカーの写真のみで動画は流れていません。
GOOGLE011.png
<引用元:テッククランチ>
 まあ2008年が218億、2009年が236億かつ第四四半期は18%の増益ですから凄いことですが。
★ ★ http://www.youtube.com/GoogleIR
★ Google Figures Out Another Use For YouTube: Earnings Webcasts
http://www.techcrunch.com/2010/01/21/google-earnings-webcast/
★ ★ Schmidt: “Our Next Huge Business Is Display” And Mobile Growing Too (4Q09 Earnings)
http://www.techcrunch.com/2010/01/21/google-2009-fourth-quarter-earnings/
 それなら何故動画まで付けないのかと思います。従来からのカンファレンスコール(電話会議の伝統)を守りたかったんでしょう。でないと電話の参加者に不公平ですから。
それからライブストリーミングは他のサービス(時差型の動画投稿と視聴)に大きな影響を与えるので避けたかったのではと考えられます。
 ネットからQ&Aが出来たかどうかは定かでは有りません。
 グーグルがこんな形でカンファレンスコールをジャじゃ漏れすれば、一般企業に一挙に広がりそうですね。
 日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫

関連記事

2019年12月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031