世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<ソーシャルテレビ、マイクロ取引> YouTubeは映画やドラマのレンタル販売拡大に成功するか?


 今年1月にテスト的に映画やドラマの販売を開始しした時は本数が少なかったこともあり殆ど売り上げにつながっていません。ここにきて映画やドラマのレンタル販売拡大を始めました。
 でも何でレンタルなんでしょうか? 良く判らないとマーシャブルの記事にもあります。
 クラウドの支持を得ない映画やドラマの販売が上手く行くなら、日本のテレビ局も飛びつくと思いますが。
 ★★ YouTube Expands Movie and TV Rentals
  ttp://mashable.com/2010/04/22/youtube-store-rentals/

 If you’re interested in trying out the service, rentals range from $0.99 to $3.99, and the rental periods vary. Some pages say 24 hours, while others say 72. When the service initially launched, it only had five Sundance films, which only drew in $10,709 during the 10-day run. The New York Times deduced that figure by counting the number of views on each of the five films, but you can’t do that now — view counts are hidden.
Niche content like Bollywood movies and Japanese animation TV shows still place prominently in the lists of popular content — evidence that while the site does have some mainstream options now, they still don’t match what Amazon (Amazon.com), iTunes (iTunes) and Netflix offer. We find it curious that while iTunes and Amazon sell TV episodes for $0.99, the episodes on YouTube (YouTube) are just for rent.

 日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829