世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<ソーシャルテレビ> コネクトテレビサミット報告 その2 CATVや衛星テレビを死滅させるPlayboyテレビのアプローチ


 ソニーが参加したアンドロイドテレビのインパクトは今後、全てのテレビ機器事業者に及ぶと考えられます。そして問題はマイクロ取引としてのアップスの開発やコンテンツの販売です。
 プレイボーイテレビ(雑誌のプレイボーイのテレビ版)が面白いことを言い出しています。これまでプレイボーイテレビはCATVや衛星テレビにコンテンツを提供してきました。
 ★ プレイボーイテレビの主張
   「これまでの放送プラットフォームでは、レベニューシェアが不公平だった。
   プラットフォームが8割、コンテンツ事業者が2割だよ!!」
   「テレビ機器メーカーがインターネットコネクトテレビを発売する時代になれば、
   コードカットだね。直接彼らと契約してプラットフォームが2割、
   コンテンツ事業者が8割と逆転できる。 これはネットじゃ当たり前」
  「コンテンツの販売や決済機構はテレビメーカーは嫌がっているのでプレイボーイが立ち上げるよ。」
  凄いですね。確かにCATVのチャネル事業者=コンテンツ事業者がネットにコンテンツを出してアップストアのようなところで販売できるとCATVや衛星テレビが滅びてしまうと言う主張です。やっぱりテレビのデジタル化は凄いインパクトがあります。
 ★★ Playboy can keep 80% of Connected TV revenues
  http://v-net.tv/NewsDisplay.aspx?id=412

Playboy TV has provided a graphic illustration of why content owners might want to partner with CE vendors and help boost their Connected TV content portals. Speaking at the Connected TV Summit in London, Richard Gale, Director of European Marketing at Playboy TV, said that with existing TV platform partners the revenue share is 80% to the platform and 20% for his company. “When we work through a CE vendor we keep 80% of the revenue and give 20% away. That is going to be massive for us because it allows us to reinvest in our content.”
Gale believes the penetration of connected devices is creating a good addressable market. He said that CE vendors do not want to take responsibility for the billing relationship with consumers but want Playboy TV to provide that themselves, through third parties. “So we are going to have a direct customer and billing relationship and we are going to increase our revenue share,” he noted.

 日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829