世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<マイクロ取引> 仮想商品(アイテム課金)は米国で大幅に伸びる予測


 アップスの販売とともにアップ経済両輪を成す仮想商品、仮想ギフト(アイテム課金)ですが、2010年米国では10億ドルの売りあげ予測です。
購入者は男性の方が女性よりやや多い数字が出ています。
 多くの売買がSNSの外のゲームで行われますが、31%はSNSにおける写真のような仮想商品の送り合い、29%はSNS内のソーシャルゲームで売買されると予測されています。
  Frank N. Magid Associates and PlaySpan,の調査では2009年から2010年への変化は、平均で14%アップ、中でも中位の参加者の場合、年間合計の平均客単価が30ドル(2009年)から50ドル(2010年)へと伸びると予測されています。
仮想商品001.gif
仮想商品002.gif
  <引用元:eMarketer>
 ★★ Virtual Goods Boom in 2010
  http://www.emarketer.com/Article.aspx?R=1007740
  日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年8月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031