世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<ソーシャルテレビ> XBOXLiveとスポーツCATVのESPNの提携はCATVコードカットの始まりか?(テッククランチ記事)


 さすがにテッククランチは新型機を発表したXBOX360とスポーツチャネルESPNの提携の意味がよくわかっています。
 曰く「XBOX360のゴールド会員は年間50ドルですむ。それでスポーツのESPNが見られる」
   「一方CATVでスポーツだけ見ようとしても月額100ドルかかる」
   「見もしない余計な番組も付いてくるし・・・・」
   「ケーブルは解約!! 解約ですよ!! (コードカット)」
  これがXBOXとディズニーのスポーツチャネルESPNの今回の提携の意味です。
  コネクトテレビと言う視点で彼は今回の提携を見てますね。
  <解説>
   ハリウッドのコンテンツオーナー(ESPNなど)にとっては、CATVに有料コンテンツを出すと8割位の諸場代をとられます。一方インターネットからCEメーカー(ソニーとかサムソンとか、今回はマイクロソフト)を経由すると諸場代は2割ですむとプレーボーイチャネルは言っています。(コネクトテレビサミット)
 このCATVが8割、チャネル=コンテンツ提供者が2割のレベニューシェアモデルが正しいと仮定して考えて見ましょう。
  そうなればESPNなどが、コンテンツをインターネットに安く出しても全く不思議はありません。(この場合、マイクロソフト側には8割に相当する売り上げは発生しない。)
良いですか、これまでの8割の諸場代の部分が剥げ落ちればこういう料金体系が可能と言うことなのです。!!!ESPNはゴールド会員の年間50ドルの中から一部を受け取るのでしょう。それで採算が合うと考えられます。
 これはケーブルテレビや衛星テレビにとっては電子出版と同じで、多様化圧力(インターネット経由のテレビ番組提供と言う選択肢の増加)により、大きなコスト削減圧力がかかることを意味します。競争環境が出来上がり、今までのように諸場代を8割もコンテンツ提供者=例えばESPNなどから取れないビジネスモデルの破壊の時期が到来したと言うことです。
 そうなればグーグルテレビの破壊力が楽しみですね。
ESPN.jpg
 <出所テッククランチ>
 
  ★★ Xbox 360 Gets Live Sports In HD From ESPN. Canceling My Cable In 5, 4, 3…
    http://techcrunch.com/2010/06/14/xbox-espn/

Simply put: this was the only thing holding me back from completely canceling my cable subscription. As soon as this goes live, I’m done with cable forever.
No, this live sporting access won’t be entirely free, but it’s one hell of a deal. You simply have be an Xbox Live Gold member (about $50 a year), and you’ll get access to over 3,500 live events a year. In HD. Did I mention it was $50 a year? My cable bill is currently double that — a month.

  日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年11月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930