世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<電子書籍>「出版社“中抜き”が目的ではない」 作家発の電子書籍「AiR」の思い


 筆者の期間限定の無料版の書籍「Ustreamと超テレビの時代」も多くの方がダウンロード後iPadで読んでいただいてますが。
 http://www.impressjapan.jp/books/2885
 さて電子書籍がブームの中、iPadで一番乗りしたいと言うので出版社を通さない出版が増え始めています。

「iPadで一番乗りになりたい」
画像 18日に都内で開かれた刊行イベントには、業界関係者など100人以上が訪れた 
 企画が走り出したのは4月半ば。日本中でiPad熱が高まるであろう6月中には発売したいと、急ピッチで進めていった。堀田さんは桜坂さんに「デビルマン」とのコラボ小説を書いてもらおうと考え、以前から付き合いのあるダイナミックプロに許諾をもらったという。
 「書き手が集まったといっても、同人誌では世の中の人はそれほどワクワクしないだろう」――桜坂洋×デビルマンは「本来、出版社じゃなければできないような企画」。そんな企画を個人でも商業レベルで実現できると証明することで、「電子書籍の魅力を伝えたかった」。

 ★★ 「出版社“中抜き”が目的ではない」 作家発の電子書籍「AiR」の思い
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/23/news065.html
 日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年12月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031