世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<ソーシャルテレビ> あまりに楽観的なテレビメーカーの3Dの販売


ニューヨークタイムスの記事です。iSuppli.によれば米国の3Dテレビの売れ行きはわずか2.5%(2010年第二四半期)と切れ端のような状況ですが、テレビメーカーは強気です。
 一方Frank N. Magid Associatesの調査では、今後1年間に3-D Setsを買いたい人々の割合は25%であり、若者では4割(18 to 24歳)に上るそうです。
 テレビメーカーの楽観論の根拠は以下の通りです。
 ① アバターなどアメリカ人は3Dに技術面で慣れている。
 ② HD(高品位テレビ)の時も似たような状況だった。
 でもニューヨークタイムスはグラス(めがね)も含めて値段がまだまだ高すぎると主張しています。
three-articleLarge.jpg
 <引用:ニューヨークタイムス>
  ★★TV Makers Predicting a Bright Future for 3-D Sets
   http://www.nytimes.com/2010/08/23/technology/23three.html?ref=technology

So far, 3-D TV is a sliver of the overall market, accounting for about 2.5 percent of new television sales in the United States in the last quarter, according to a survey by the market researcher iSuppli.

The optimism may not be misplaced. “We’re seeing a similar adoption curve as high definition,” Chris Fawcett, vice president of Sony’s television business, wrote in an e-mail message. The Consumer Electronics Association said HDTV was in 6 percent of homes in 2004, the first year the group tracked this statistic.
American consumers are familiar with 3-D. More than two-thirds have seen a 3-D movie in a theater, according to Magid Associates. Electronics stores and big-box retailers like Costco are prominently displaying the 3-D models.

 日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年7月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031