世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<教育研修> アバターによる外国語学習はまだまだこれから!!?


 既に一部の大学、日本国内でもアバター姿によるシミュレーションを活用した語学学習は立ち上がっています。しかしニューヨークタイムスのオンライン外国語学習の記事を読む限り、普及はまだこれからのようです。
 ニューヨークタイムスやビジネスウイーク、ワシントンジャーナルなどに載れば、技術が普及期に差し掛かったと言う判断が出来ますが。日本でも同じですよね。東洋経済とか日経とかにのれば「これはいよいよイノベーターの時代が過ぎ去った。普及期に入った。」と考えられます。
 オンライン語学学習に関してはまだ実際の物理的なクラスルーム学習の補完が現状と言ったイメージです。没入感覚型のサービスは準備され始めているがと書いてあります。距離が離れた方々や忙しい方々には、自習用のキットやコミュニティでのチャット、スカイプ型の外国語指導がまだ現状なのでしょう。
 ★★ Foreign Language Courses, Brushing Up or Immersion
  http://www.nytimes.com/2010/08/26/education/26LANGUAGE.html

These days, online programs and CDs like Rosetta Stone and Pimsleur are grabbing the interest of people attracted by their convenience and relatively low cost. But more schools are offering their own online-only language courses as part of extension programs.
At the University of California, Los Angeles, traditional, three-month language classes cost $480, and online classes cost $550. The online courses include video lectures, readings, exercises and assignments, which the instructors can correct and return to the student via e-mail. Students can practice with one another via chatrooms, and instructors and students can also talk on the phone to work on pronunciation, said Krista K. Loretto, program manager for U.C.L.A. Extension.

http://www.rosettastone.com/
 日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031