世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<オープンソース> Oracle vs. Google、オープンソースを企業間の利害対立裁判に利用するとは何事か!!?


アンドロイドに関するJava toolsの著作権を巡ってサンを買収したオラクルがグーグルを訴えました。それに対してニューヨークタイムスが、オープンソースはコミュニティの理想、それに企業の利害対立を絡ませて訴えるとは世も末!!と怒っています。
 ニューヨークタイムスによればサンはJava toolsをオープンソースにした後、スマートフォン版を開発して、これは企業にライセンスしていたそうです。一方グーグルもアンドロイドを開発したため、両社で話し合いが行われ対立もしていました。しかし流石にサンは「オープンソース関連で企業が裁判するのはオープンソースの趣旨に反する。」と何もしなかったそうです。
 オープンソースに大手企業(I.B.M., Oracle, Hewlett-Packard, Google and Apple — even Microsoft )が絡む時代が来た。オープンソースの理想は守れるか?と疑問を投げかけています。
 自由で無料のオープンソースの理想は、大手企業に踏みにじられるのでしょうか?
 ★★ Software War Pits Oracle vs. Google
  http://www.nytimes.com/2010/08/30/technology/30oracle.html?_r=1&partner=rss&emc=rss

Free open-source software began with high-technology tinkerers and researchers. Sharing code and ideas was their priority, not profits. In the tech industry, they were sometimes compared to socialists and communists.
Andy Rubin oversees product strategy for the Android operating system at Google.
Those days are long gone. Some of the communal idealism remains, but as open-source software is used more by big technology companies including I.B.M., Oracle, Hewlett-Packard, Google and Apple — even Microsoft — it has also become a weapon in corporate warfare.
An unusually public salvo came this month, when Oracle sued Google, accusing it of copyright and patent infringement. Oracle claims that Google’s Android operating system for smartphones and other mobile devices is illegally using ideas and code from Java, a set of software tools initially developed by Sun Microsystems in 1995. Oracle bought Sun in January,
Google denies the charges against Android, which is also open-source software, saying that it built the operating system and its own Java tools without using Sun’s intellectual property.

 日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829