世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<ロケーションサービス> まだまだこれからのロケーションサービス


 ニューヨークタイムスの関連記事ですが、Pew Research Center’s Internet & American Life Project.の報告によれば、特定日に限れば米国成人の1%が居場所の共有をしており、活用者は全体の4%(adult Internet user)であり、5月調査の5%より下がっている。だからこのサービスは、一部企業には熱狂的な支持があるけれどもまだまだこれからの話といっています。
 ただしフェースブックのPLACESの開始で上向く可能性もあるとリスクヘッジをしていますね。
 ★★Location Services Have Not Caught On, Report Says
  http://bits.blogs.nytimes.com/2010/11/04/location-services-have-not-caught-on-report-says/?ref=technology

On any given day, 1 percent of adult Americans use a service that allows them to share their location, according to the report. Four percent of adult Internet users use location-based services at all, down from 5 percent of Internet users who said they used such services in May. Only 6 percent of people who use social networking sites also used location-based services.

But the report’s findings may mostly serve as a baseline from which to measure the impact that Facebook will have on location-based services. Pew interviewed 3,001 adults between Aug. 9 and Sept. 13. On Aug. 18, Facebook introduced Places, which incorporated aspects of Foursquare and Gowalla.

  日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829