世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<OS>Chrome OSはアンドロイドのライバルなのか!!?


  2011年後半に出ると言われているGoogleが「Chrome OS」ですが、既に発表から1年半が経ち、当時は存在しなかったIPadが勢いを強め、乳飲み子であったAndroidが急成長しています。その結果、「Chrome OS」が期待されていたクラウドコンピューティングを支えるネットブックの市場は停滞から更に縮小へと向かう気配です。
クラウドコンピューティングの本命OSと期待され、マイクロソフトのwindowsやアプルのマックOSを葬り去ると言う見通しさえ出ていましたが、当時と環境が大きく変わり、アップスの市場も大変活発になっています。
 IPad対抗のタブレットパソコンに関してはアンドロイドがいいのか、「Chrome OS」が良いのか論争も起こっており、グーグルの内部でも揉めているようです。

Googleが「Chrome OS」の計画を披露したのはかれこれ1年半前のことだ。当時、多数のブロガーや記者が、Googleの「OSレスな」OSが「Windows 7」「Windows 9」さらには「Mac OS X」も負かすだろうとして、Windowsの終焉を予想した。
あれから1年半、Chrome OSはどうなっているのか?2009年6月、Googleの代表者はChrome OSは2010年後半に登場予定だと述べた。2010年11月中旬、Googleの最高経営責任者(CEO)Eric Schmidt氏は、Chrome OSは正式公開まであと数カ月を要する、と述べた。Schmidt氏はまた、タッチ向きのOSには「Android」があり、Chrome OSはキーボードを持つマシンに向いているとすみわけについて説明した。しかし、Chrome OSタブレットの登場を願う声は相変わらず多い。

  ニューヨークタイムス誌はグーグル内部の戦略論争が開発現場でも起きており、純正クラウドコンピューティング重視、Web重視のブラウザーを兼ねたクロームOSか、それとも現実的なアップス派のアンドロイド重視かでせめぎあっていると伝えています。アップス派はWebの死を唱える人々が外にますので。

 It is all the more confusing because Google already has a Web browser named Chrome. And Google already has an operating system, called Android.

 また外部からの見方では「既にクロームOSの時代は過ぎ去った」と言う意見もあります。クロームOSは基幹系システムやオフィス製品などの恐竜型アップスを雲の彼方のサーバー上に配置し、最近では微小ソフトであるアップスをクロームOS側に置くく機能も持っています。しかしブラウザー中心(既に市場占有率は8%です。)であることに代わりは無く、やはりアップ発想が弱く、パソコン発想からは抜け出していない訳ですね。まあパソコンはそれでいいのでしょうが。
 
  グーグルはアンドロイドはタッチスクリーン用、クロームOSはキーボード用と区分けを述べていますが、ガートナーグループのアナリストは「環境が変わった以上、戦略変更が必要」と意見を述べています。
  クロームOSの開発チームは、「目標はネットブックやパソコンだけでは無く、タブレットPC、更にスマートテレビだ!!」とも述べており、アンドロイドチームとの内部競争を示唆しています。「アップスは今日の現象、未来はクロームOS」だそうですが・・・
 問題はグーグルがブラウザーを中心とした広告ビジネスで成り立っている点であり、そこから抜け出した発想は強く無いと言う点でしょう。
 グーグルはブラウザー+Web+オープンソース  + 広告で稼いでいますから。
しかしユビキタスネットワークの時代は、果たしてこれでよいのか?と言う疑問が残ります。
    (クロームOS担当バイスプレシデント・サンダー・ピカリ氏)
 Chrome-articleInline.jpg
  <引用元:ニューヨークタイムス>
★★「Chrome OS」計画発表から1年半、登場はいつか?
   http://japan.cnet.com/sp/allaboutms/story/0,3800105597,20423283,00.htm?tag=nl
★★ For Google, the Browser Does It All
  http://www.nytimes.com/2010/11/25/technology/25chrome.html?_r=1&ref=technology

That is because Chrome stores everything that people have on their computers — like documents, photos and e-mail — online, or in tech parlance, in the cloud. In Google’s vision of a world where all computers run on its Chrome OS, anyone can walk up to any computer with an Internet connection and gain access to all their information.
If Mr. Brin was momentarily confused, it is no wonder that Google users and analysts are struggling to wrap their heads around what Google is trying to do with Chrome.
It is all the more confusing because Google already has a Web browser named Chrome. And Google already has an operating system, called Android.

With Chrome OS, Google is stepping once again into the territory of its archrivals, Microsoft and Apple, both of which make operating systems as well as widely used desktop software like Microsoft Office and Apple iPhoto and iTunes.
That software would not work on Chrome computers. Instead, Chrome users would use Google’s Web-based products, like Docs, Gmail and Picasa for word processing, e-mail and photos, or software from other companies, like Microsoft’s cloud-based Office 365. Google also plans to open a Chrome app store for software developers to dream up other Chrome tools.
The Chrome browser, which is installed on 8 percent of all PCs, shares a name because the operating system is, essentially, the same thing as the browser. “When people look at Chrome OS, they’re going to be like, ‘It’s just a browser, there’s nothing exciting here,’ ” Mr. Upson said. “Exactly. It’s just a browser, there’s nothing exciting here — that’s the point.”
Computers running Chrome OS will start in seconds, not minutes, and then users will see a browser through which applications and data can be used.
Yet while Google imagines a Web-based future, analysts wonder whether Chrome’s time has passed — before Google netbooks even hit the market.

But Mr. Upson said that Chrome OS would be a computing platform stretching to hand-held devices, tablets and TVs. “We are starting with laptops and we will expand in both directions,” he said.
“Google hasn’t told a great story about how Chrome and Android live relative to each other,” said Michael Gartenberg, a Gartner research director studying consumer applications. “It’s incumbent upon Google to start telling a story that makes sense. It gets to the point of confusion that you have a lot of folks saying, ‘What’s Steve Jobs’s phone number again?’

Even if Google missed the netbook craze, it may in fact be ahead of its time in imagining a Web-based future, Mr. Gartenberg said. “Android, where everything is very application-dependent, is a response to the things that are here today,” he said. “Chrome is preparing for a future when everything can be delivered through the Web.”

  日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年11月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930