世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<ソーシャルテレビ>フランステレビ業界によるスマートテレビへの業界支配を狙った取り決めは凄い!!


 ビデオネットの記事ですが、2011年初からフランスでは本格的にスマートテレビ時代が始まります。そこで幾つかの出来事が起こっています。
 ★ 商業テレビのTF1とサムソンのスマートテレビ実験は成功、メーカーを拡大へ
 まずフランス最大の商業テレビのTF1がサムソンと組んで過去9ヶ月間、スマートテレビ実験を行って来ました。そして10月に実験は終了しています。結果が良いのでこれまで実施していなかった見逃し放送対応も含めて始めるそうです。またサムソン以外のテレビメーカーにもTF1のアップスを開発して提供するそうです。
 サムソンはヤフーコネクトテレビを使っていますので。
 見逃し放送はセットトップボックス経由で有料テレビの情報通信企業のOrange とBouygues Telecom IPTV に提供して来ました。今後は全てのスマートテレビにアップスを提供します。
 ★ フランス放送協会による業界標準の取り決め
   2011年初からの本格的なスマートテレビ時代を控えてフランス放送協会による業界標準の取り決めをしました。これは一方的に放送業界に有利な取り決めです。
 テレビメーカーとネット視聴者は確実に怒ります。
  テレビ業界とインターネット業界や視聴者の文化戦争が始まる予感です。
  これは日本のテレビ業界も同様もの作成するかもしれません。
  グーグルテレビに対するアメリカの幼稚な阻止と比べて欧州は大人ですが、テレビ業界の権益擁護に全力投球です。
  これでテレビアップスは面白いものが出てこなくなる危険があります。
  1、番組連動アップスは全て放送局が責任を持つ。それ以外は認めない。
    これはきついです。放送事業者の協力が無いと番組連動アップスは開発できません。
  2、画面へのオーバーレイ(混在表示)などは認めない。厳密に禁止。
    但し、放送儀業者が認める限りはその限りでない。
    テレビ画面は放送事業者の物だと言う宣言ですね。
   これでフランスではニコニコ動画は完全締め出しですね。
  3、ネットコンテンツとテレビ映像とのマッシュアップに関しては業界が適切な標準を今後作る。
   
   テレビメーカーにのために放送用アップスを提供する時には、テレビメーカーをその標準に従わせること。
   すごいですねえ。そうなればインターネット派の視聴者は、放送局の支配を嫌ってアプルテレビなどに流れるかもしれません。
    (TF1放送とサムソンの実験用スマートテレビ)
tf1-at-last-untitled-1.jpg
<引用元:ビデオネット>
 ★★ TF1 ready to expand connected TV offering
   http://v-net.tv/NewsDisplay.aspx?id=606&title=tf1-ready-to-expand-connected-tv-offering

The French broadcaster TF1 is looking to make its content-related applications available on other brands of connected TVs, having worked exclusively with Samsung in France until October. After around nine months of offering more interactivity to viewers by harnessing broadband, the company is positive about the results, with Jean-Francois Mulliez, Directeur Délégué, eTF1, stating: “Viewer loyalty remains intact with the emergence of interactive services and our new products will enable viewers to access more content related to our programmes while remaining in the TF1 universe.”
TF1 is about to make its TF1 Vision VOD service available as an app on the Samsung Internet@TV platform. Already available online, this provides movies, TV series and music, among other things. However, the MyTF1 catch-up TV service will not be made available on connected devices yet. According to Mulliez, “We need to identify a viable business model that could enable us to offer a continuous service. We have done just that in the case of B2B [business to business] agreements with operators to distribute MyTF1, but we are not there yet as far as Connected TV is concerned.”

* When displaying the contents of a TV channel – under full screen or resizing mode – overlays, inlays, emerging of on-top services, third-party content, advertisement, links, commercial requests are forbidden unless they are managed and controlled by the concerned broadcaster, i.e. cannot be triggered by any third-party such as operators, device makers or widget providers, and cannot be parameterized by the end viewer, even if these parameters originate from another device connected to the TV set.
* In order to facilitate end viewers’ usage of Internet originated services on TV, broadcasters aim for the adoption of common navigation rules on all TV sets, and other video devices for all channels. This question will be addressed through concerted work between broadcaster and device manufacturers.
* Broadcasters are committed to promote a unique standard aimed at mixing the usage of broadcasted data and online Internet data. They are requesting the adoption of a common standard for connected TVs and other video devices in order to avoid redundant and costly developments for each device maker. In the case that such a solution is found and implemented, signing broadcasters are requesting that device makers commit themselves to adopt such a chosen technology under their best efforts.
* The ‘Internet TV principles concern display rules of online Internet content and services originating from each broadcaster’s signal.

  日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031