世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<SNS>2011年は企業のソーシャル・ネットワーキング・ツール活用が拡大


 コンピューターワールドの記事ですが、2011年は米国では企業によるSNSの活用が大幅に増加するそうです。SNSを企業向けに販売している企業は買収の対象になるようです。

 調査会社の米国IDCは12月2日、今後のIT動向に関する予測レポートを発表した。それによると、2011年には企業におけるソーシャル・ネットワーキング・ツールの利用が拡大するが、その一方で利用を検討すべきソーシャル・プラットフォームの選択肢は減るという。
  2011年に関するこれらの予測を含むIDCのレポートは、「IDC Predictions 2011: Welcome to the New Mainstream」と題されている。IDCの見通しのとおり企業利用が拡大すれば、ソーシャル/コラボレーション・プラットフォームは来年、大きな追い風を受けることになる。

さらにジェンズ氏は、米国のOracle、Microsoft、Hewlett Packard(HP)、Cisco Systems、IBM、ドイツのSAPのような大手ITベンダーが、ソーシャル/コラボレーション分野に進出するため、あるいはこの分野の既存製品を強化するため、専門企業の買収に動くだろうとの見通しも示している。
 ジェンズ氏は、こうした動きを背景に、2011年には、ソーシャル・ソフトウェア市場を手がけるベンダーの30%が他社の傘下に入ると予想している。

 ★★2011年は企業のソーシャル・ネットワーキング・ツール活用が拡大
  http://www.computerworld.jp/topics/move/190077.html
  日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031