世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<ソーシャルテレビ> 2011年スマートテレビが流行らない5つの理由!!


 3Dテレビは2010年、明らかに失敗でした。(韓国サムソンが3900万台売った中で3Dテレビは100万台)一方スマートテレビには賛否両論があります。
 今回は否定派の意見を紹介します。
 さて内容ですが・・・・・
 グーグルテレビの件は忘れよう。問題は消費者の「恐れ、不安、疑問」を製品がスマートテレビの解消できているかだ。
  1、インターネットとテレビの同一画面表示はイメージの混乱を招く・・・
   テレビを買ってネットに繋ぐと言うのはイメージが良くわからないだろう。

  1. The Internet on TV Sounds Confusing

  2、インターネットとテレビの接続は実際に混乱を招いている!!

  2. The Internet on TV Is Confusing

  視聴者はこんなことで電気屋を呼びたくないだろう!!
  リモコンも操作が易しくない。右左上下・・・・うーむ。

  Just because there’s a “pretty” new user interface with humongous buttons to click on and an up/down/left/right interface doesn’t make it a great user experience
.

 3、今スマートテレビ買っても直ぐ古くなる心配がある。
 確かにグーグルテレビは明らかにそうですね。

  
3. Fear of Obsolescence

 4、カスタマーセンターに電話したくないよ!! パソコンじゃああるまいし。

 
4. Customer Support Concerns

 5、天気予報テレビアップスにツイッターアップスに一体、どんな価値があるの?
 フェースブックやツイッターをテレビに出すと言うだけで「何か大変な作業」に感じてしまう。天気予報アップスに価値があるのか?
 

 5. Poorly Defined Value Proposition

  <解説>
  確かに従来のボタン一つで動くデジタルテレビと比較して「ちょっと大変、ハードルが高い」のは確かでしょう。しかしスマートテレビでなくても例えば録画機のブルーレイプレイヤーにしても配線がいります。
  この程度であれば十分克服可能かなと思われます。
 設置する時、有料サービスをつければよいですね。例えばケーブルテレビの設置のように。そうやって初期のパソコンも自宅に入りました。
 それに「見逃し放送を薄く大きく美しい画面で見たい!!」と言う強いニーズが一部にあるのも事実です。
 そしてテレビアップスはまだまだこれからです。番組連動型アップスは色々な工夫がなされて面白いものが出てくるでしょう。例えばディレクテレビの米国プロフットボール応援アップスはチーム別です。ゴルフ番組用のアップスも面白い。サンタクロース追跡アップスも。 そういうのはサムソンやアップルテレビなど市販のスマートテレビには未だ載っていません。
 実際にアップルテレビは百万台、ロクは百万台、サムソンのヤフーコネクトテレビは250万台売れています。サムソンは1月に約50万アップスの有料、無料のダウンロードがありますので。
 apple-tv-640.jpg
(グーグルテレビ)
google-tv-apps-640.jpg
<引用元:マシャブル>
★★ 5 Reasons Connected TV Could Flop in 2011
  http://mashable.com/2011/01/11/smart-tv-flop/

Now enter smart TVs and 3-D TVs. To the industry, these devices represent an opportunity to upsell consumers with added benefits and features. But to consumers, these connected televisions also introduce planned obsolescence into television life cycles. Planned obsolescence is a concept where companies sell products with a limited lifespan or functionality to encourage repeat purchases and upgrades. The result? Consumers are staying away from new TV. Instead of getting excited for new features, they are getting scared. To quote a recent industry article: “Despite all the hype, 3-D sets haven’t been a runaway success, and Internet-capable ones haven’t fared much better.”

As I wrote in my last Mashable post, most smart TVs are being touted for their technology rather than the benefits they provide people. Instead of telling people that the weather app is on their TV (a feature), the industry should emphasize the personal weather forecasts smart TVs generate that are tailored for individual needs (a benefit). For the average consumer, Facebook on TV sounds like a lot of work (“Where will I type? Do I still “Like” stuff? Does FarmVille work? What else do I need to do?”). Putting Twitter on the television sounds like it is a lot of work. Anything that involves a mouse and a keyboard seems — and is — onerous to the living room context. The value proposition for smart TVs has to be the effortless delivery of content in ways that mirror the ease of standard TV experience.

 ★★ Is Best Buy’s HDTV sales strategy still working?
  http://www.zdnet.com/blog/home-theater/is-best-buys-hdtv-sales-strategy-still-working/4508
 日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728