世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<ソーシャルメディア> チュニジア、エジプト、イラク、フェースブックはニックネーム制度を採用すべきなのか!!?


 久しぶりにニューヨークタイムスの硬派記事をとりあげますね。
 フェースブックが中東政治・社会革命の中心になるに従って、その欠点も長所もはっけりしてきました。例えばイラクなどではフェースブックの実名制度をいいことに、強権政治の側がデモの参加者やリーダーを摘発、弾圧に利用しています。
 その結果、米国ではイリノイの民主党上院議員が「フェースブックはデモ参加者を防衛する適切な措置を取るべきだ!!」「ニックネーム制はどうか?」と言った主張を始めるなど従来の「実名に伴うプライバシー保護の課題」を超えた新たな課題が突きつけられています。
 当のフェースブックは中東の政府にサービスを遮断されるのを恐れて「革命は民衆の成果であり、ソーシャルメディアは単なるコミュニュケーションの手段、主役ではない」といった低姿勢をとっています。
 一方米国国務長官のヒラリー・クリントンさんは、大學での講演で「フェースブック、Youtube、twitterなど色々なソーシャルメディアを組み合わせて活用すべきだ。」と主張しています。
 フェースブックはツイッターとの関係で「実名か匿名か」と言った表面的な論争が日本では喧しいですが、政治的弾圧と戦う民衆と言う構造は別の視点を要求しています。
  <解説>
  実名か匿名かと言うのはそう簡単な問題ではありません。
米国内でツイッターが逆立ちをしてもフェースブックを抜けなかった理由の一つが「フェースブックの物理的コミュニティの強固さ」にあります。
 ハーバード大學など全国の大学の物理的なコミュニティの自律型の名簿作りや連絡網として始まったフェースブックは、その基礎に実際の知り合い、仲間、家族との縁、絆の維持を持っています。だから実名制度な訳ですね。
 そしてこの実名制度が「ネットの知り合いによる仮想コミュニティ」ではなく「ネットを介した実際のコミュニティ作りや運動作り」を促進し、2008年の米国大統領選挙ではオバマ大統領が、2010年の中間選挙では共和党が、ネットを介した物理的な選挙運動=草の根型選挙を展開し、米国社会は2010年代=21世紀の方向「黒人でも大統領になれる国=21世紀の米国社会」「企業や個人が社会貢献をする国」「社会的正義を考える国」と言う社会変革に大きく向かっています。
 物理的なコミュニティ運動を背景とする実名制度は、中東革命においても非常に大きく物理社会の変革に寄与しています。しかしそれにはこれらの記事にあるように欠点もあります。
 例えば企業内SNSで明らかになっているように「職位職階」とよばれるコミュニティの中に階層制度がある管理社会の場合には、「実名で現場の問題の勇気ある開示、例えば上司の不正やセクハラ告発」などはエコシステムとして行われにくいのが実情です。企業内SNSも物理的コミュニティを背景にしていますが、会社によっては並立にニックネーム制度を採用したり、発言者が特定できない完全匿名のフォーラムを併設して効果をあげています。
そしてイラクなどではフェースブックの実名制度をいいことに、強権政治の側がデモの参加者やリーダーを摘発、弾圧に利用しているわけですね。
 イランやチュニジア、エジプトなどの中東での社会変革の場合にもこう言う発想=実名制度とニックネームの両立は一つの現実案でしょう。
facebook1-articleInline.jpg
facebook06network-articleInline.jpg
FACEBOOK-1-articleLarge.jpg
 <引用:ニューヨークタイムス誌>
 ★★ Facebook Officials Keep Quiet on Its Role in Revolts
  http://www.nytimes.com/2011/02/15/business/media/15facebook.html?ref=technology

Last week, Senator Richard J. Durbin, Democrat of Illinois, urged Facebook to take “immediate and tangible steps” to help protect democracy and human rights activists who use its services, including addressing concerns about not being able to use pseudonyms.
In a letter to Mark Zuckerberg, Facebook’s chief executive, Mr. Durbin said the recent events in Egypt and Tunisia had highlighted the costs and benefits of social tools to democracy and human rights advocates. “I am concerned that the company does not have adequate safeguards in place to protect human rights and avoid being exploited by repressive governments,” he wrote.

 ★★ U.S. Policy to Address Internet Freedom
  http://www.nytimes.com/2011/02/15/world/15clinton.html?ref=technology
 ★★ Egypt Leaders Found ‘Off’ Switch for Internet
http://www.nytimes.com/2011/02/16/technology/16internet.html?pagewanted=1&_r=1&ref=technology
 ★★

関連記事

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930