世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<スマートテレビ>欧米で進むスマートテレビによる汎用セットトップボックス化の動き!!


 ビデオネットの記事ですが、欧州でスマートテレビを活用した汎用セットトップボックスの動きが進んでいます。アメリカのタイムワーナーやコムキャスト、ディレクテレビとサムソンとソニーが熱心です。
 お陰で一時険悪だった有料テレビとスマートテレビメーカーの仲も改善されて来ました。
 その前にまずスマートテレビが狙う三つのコードカットに関して説明しましょう。
   1、有料テレビのコードカット
    これはスマートテレビが流行れば有料テレビはコードカットされ、ネットフリックスなどのネットによるクラウド放送が流行ると言う見方です。
   この見方ではスマートテレビのテレビメーカーは有料テレビの敵とされていました。
  2、汎用セットトップボックスによる各有料テレビ独自仕様セットトプボックスの置き換えとコードカット!!
   これは米国のFCC(連邦通信委員会)が主張しています。その波が欧州にも及んで、「それならば既存のスマートテレビを汎用セットトップボックスとして活用すればよいではないか!!」と言う認識がテレビメーカーと有料テレビ業界の合意事項となり始めています。
   CATVなどの有料テレビサービス業界は、独自のセットトップボックスで顧客を囲い込むよりも、そこは市販のスマートテレビに任せて自宅の中での2台目、3代目のテレビ=テレビ、パソコン、モバイル機器にエアープレーで視聴を可能とする方向で努力する方が良いと言う結論に達し始めています。記事によれば欧州も北米もこの方向です。その結果、DLNA(デジタル・リビング・ネットワーク・アライアンス協会)のような異なる企業間のアライアンスが有効に機能し始めています。
  3、ゲーム機のコードカット
   これは日本のパナソニックなどが仕掛けている動きですが、スマートテレビで強力なCPUを搭載するならば専用ゲーム機は不要と言う動きです。
  その結果、将来、マイクロソフトのXBOX360はスマートテレビに化けるとか、アップルが早晩、専用ゲームをアップルテレビに載せるとか、ソニーのプレーステーション3が同時にスマートテレビになる(グーグルのアンドロイドOS搭載説)などの色々な予測や見方が出ています。
  ★★ No STBs is realistic with Connected TV
http://v-net.tv/NewsDisplay.aspx?id=689&title=no-stbs-is-realistic-with-connected-tv

Sony and Samsung have been outlining how the proliferation of connected TVs could enable Pay TV operators to distribute their services around the home without the capital cost of additional set-top boxes (STB). While the immediate interest is in eliminating the second set-tops needed to enable multi-room TV, there is a belief that connected TVs could become the main network termination point and service gateway for Pay TV content coming into subscription TV homes. If this model were adopted universally, it would spell the end of the Pay TV set-top box.
While both these CE manufacturers are still pursuing their own content portal ambitions, which compete with service providers for consumer attention and possibly revenues, they are also now looking for collaboration. And of course, that does not only apply to connected TVs; Samsung is one of the key technology partners delivering the Horizon IP gateway that will enable UPC to deliver its next-generation services to European consumers.
The strength of the potential cooperation between the CE and service provider industries became apparent at CES in January. As we reported previously, Comcast and Time Warner Cable said their ‘TV Everywhere’ multi-screen services would be made available via Samsung Smart TVs this year, utilizing their online video platforms. Time Warner will also stream its TV service to all Sony Internet-enabled TVs during 2011.

Vassilis Seferidis, Director, European Business Development, Samsung Electronics Europe, acknowledges that the relationship between the CE industry and Pay TV now looks less competitive and more collaborative. “We are trying to achieve a common goal, which is to bring the most compelling content to the consumer and make it available across different devices in the home,” he comments.

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031