世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<スマートテレビ> ハードウエア機器もサービスとして考えるべき時代!!


 自宅内でワイファイによりエアープレーを楽しんだり、クラウド放送を時間、場所、マルチ機器に関わらず楽しむ時代はサービス支配であって、もはや従来のような「もの」=ハード機器支配の世界ではないと言うのが趣旨です。
ギガオムの記事ですが、最近の米国のITやネットに関わるトーンは「もの支配論理」ではなく、見事なまでに「サービス支配論理」です。ハード、接続性、ソフト、情報コンテンツが組み合わせられた「サービス」ですね。
  注) もの支配論理
     経済学者アダム・スミス以来の工業社会の発想
     ものの価値は生産過程で作られ、消費過程で破壊される。
     それと同じように情報商品も「もの」と考えるべき。
     著作権、コピーワンス、ダビング10、ライセンス、特許権などが
     もの支配論理。
   サービス支配論理
     情報経済はものではなくサービス視点で考えるべき
     サービスは生産過程で作られ、消費過程で新たな価値=経験を生み出す。
     情報商品やそれに付随したハードウエア機器も全てサービス。
     例えばパソコンを買えば3年間ネットワークと一体となったサービスとして
     価値が提供されると言う発想。
   
 さて下記のブログでは、ワイファイと言う hardware, software and connectivityのコンビでエーアプレーが出来る時代が来たので益々ハードウエア機器は単なるサービスの一環となったと述べています。そしてソニーのようなもの中心主義(ハードウエアセントリック)企業は転換が大変だと述べています。一方ロケーションフリー用のハードウエアのSlingboxのような処はサービス発想で動ける会社だとも述べています。
 ★★Why the Future of Hardware Is Services
http://gigaom.com/2011/03/17/why-the-future-of-hardware-is-services/

For nearly a decade, I’ve had an unwavering belief that all devices will have a connection to the network — wireless or otherwise. Any devices that have software to take advantage of network- and cloud-based smarts would find eager takers. The combination of hardware, software and connectivity would be key to the future of the hardware.
That shift is now happening, as seen in the growing popularity of Wi-Fi and the huge jump in Wi-Fi traffic. Because of this shift, we are seeing a re-definition of the consumer electronics landscape. It’s not a surprise a hardware-centric company like Sony found itself at a disadvantage, and upstarts like music gadget maker Sonos and forward-TV-anywhere device maker Slingbox found success among the enthusiasts. Today, my long-held notion is finding its way into the market. Internet music players, connected televisions, wireless-enabled photo frames and Internet set-top boxes are commonplace, lining the aisles of Big Box electronics stores
.

The future of hardware is hardware, software and connectivity combined with specific services. Without the services, the devices may lose our attention and end up at the back of the proverbial drawer
.

 日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031