世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<スマートテレビ> IP&TV World ForumでHuluが「マージンが減少する時代に備えよ!」と主張!!


  IP&TV World Forumで 見逃し放送のHuluの代表が有料テレビを前に「スマートテレビの時代=クラウド放送(インターネット放送)は、これまでのように稼げない、マージンが減少する時代に備えるべきだ。」と主張し、さもないと市場から撤退することになると脅かしています。(流石にネットフリックスは呼ばれていません。)
  Huluの主張!!
  1、オープンインターネットは IP&TVの閉鎖的なネットワークより優れている!!
  2、テレビ以外のマルチスクリーンの時代に適応せよ!!
   何時でも何処でもタイムフリー、ロケーションフリー、デバイスフリーへの対応を!!
  3、映像も新聞も雑誌も全てのコンテンツが対象の時代!! テレビ映像だけじゃない!!
  4、(マイクロ取引により)マージンは確実に減る!!
   でも広告と有料購読料の両方で稼ぐ!!
  5、有料テレビの未来の姿は不確かだ!!だから変化する環境への適応が不可欠!!
  6、各国のローカル映像に関して合意が出来ればHuluは欧州など国際展開するよ!!(覚悟しておいて!!)
 
★★ Get used to lower margins, Hulu tells Pay TV
http://v-net.tv/NewsDisplay.aspx?id=703&title=get-used-to-lower-margins-hulu-tells-pay-tv

Cable, satellite and IPTV providers will have to develop a tolerance for low profit margins on video content in a world of increased over-the-top and multi-screen distribution, Johannes Larcher, Senior VP International at Hulu, told delegates at IP&TV World Forum on Wednesday. While declaring that the future of TV is an all-round good news story, and that all participants stand to win, he clearly believes that it is the content aggregators and distributors who face the biggest disruption and need to make the largest adjustments.
“It is going to be an interesting time,” he said. “We don’t know how the future will shape out for telcos, satellite and cable but there are four challenges they must address. They must provide rapid innovation, introduce dual revenue streams, combining subscription and advertising. They must have a tolerance for low margins that not many legacy providers are used to, and they must develop an obsession with their customer. These are the challenges and how they respond will determine the winners.”

 日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031