世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<マイクロ取引> 社会問題化しているペニーオークション


 「格安」誤認させる不当表示などの為、どうも詐欺の要素がある、疑いがあると言うことなんでしょうか、ペニーオークションの問題をitmediaが集中的に取り上げています。国民生活センター(東京)や消費者庁も注意喚起に向けて情報収集を進めているそうですから気をつけましょう。
  注)入札で手数料がかかるが激安で商品を落とせる取引のことをペニーオークションと言うそうです。
 しかしマイクロ取引関係でのこの手の問題は筆者も初めて聞きました。
 夕刊フジが取り上げたりしています。
 iPadを8百円で落札できたとか、手数料がかかるこのオークションは何やら問題の匂いがあります。
 こういう問題はいい加減にしてもらいたいですね。

入札ごとに手数料がかかる「ペニーオークション」の苦情が急増している。一部の芸能人がブログで落札自慢を書き込んだことも拍車をかけ、人気に火がついた。だが、落札できなくても入札1回あたり50~75円の手数料が発生するため、取られ損になるケースが極めて高く、社会問題化しつつある。

国民生活センター(東京)によると、ペニーオークションに関する苦情相談は昨年12月末までに192件で、09年度は19件だったが、10年夏以降に急増、同年7月以降は半年間で143件にも達した。

「iPadを855円で落札」──「アメブロ」でブログを書いている複数の芸能人が、ペニーオークションで落札した体験談をそろってブログに掲載していたことがネットで波紋を広げている。

ペニーオークションは、入札手数料(1入札ごとに50~100円前後)を支払って入札するオークションサイト。落札額は一般のオークションより低額だが、入札手数料は落札の成否にかかわらず返却されないため、大金を支払ったのに商品が手に入らない――ということがあり得るほか、プログラムを使って自動的に価格をつり上げているとみられるサイトも報告されている。
 国民生活センターには昨年以降、「落札していないのに参加費(手数料)がかかるのはおかしい」といったペニーオークションに関する相談が増えている。消費者庁も注意喚起に向けて情報収集を進めているという


★★ アメブロ芸能人がペニーオークションで続々落札? サイバーエージェント「一切関与していない」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1101/24/news077.html
 ★★ペニオク運営会社「芸能人に依頼することはなく、全く関係ない」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1102/07/news030.html
 ★★ DMM.comなどペニオク業者に消費者庁が措置命令 「格安」誤認させる不当表示で
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1104/01/news051.html
  日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031