世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<メディアの歴史的転換>南カリフォルニア大発表、新聞は5年以内に滅びる!!


 メディアビートの記事ですが、南カリフォルニア大の有名な研究者Jeffrey Cole氏は2000年の発表で新聞は25年ー30年後までに滅びると予言していました。
  ちなみにCole さんはジャーナリズムとコミュニケーションを研究する the Center for the Digital Future at the USC Annenberg School of Communication and Journalismの所長です。インターネットのメディアへのインパクトを研究しています。

しかしここに来て「紙の新聞はもうどうしようもない、5年もすれば産業として滅びる」と予言しています。一方ニューヨークタイムスなどタブレット(iPadのような)に適応した電子新聞の一部は生き残るそうです。

 2000年から25年-30年後に新聞が消えると言うのはあまりにも楽観的過ぎたそうです。
 そして今どんどんアメリカでは地方新聞が全く発行されない町が増えています。

 米国では20代は10数%しか新聞を読んでいません。また日本でもNHKの調査結果を見て驚かされますが、テレビは20代が平日78%程度、新聞は20代が平日には男性13%、女性が15%しか読んでいません。三十代は男性が23%、女性が24%しか平日新聞を読んでおらず、50代でさえ5割を切っています。
 確かに日本も米国と同じ運命で紙の新聞は5年で滅びるのかもしれません。
newspapers.jpg
  <引用元:メディアビート>
 ★★ USC’s Jeffrey Cole predicts the death of newspapers in five years
  http://venturebeat.com/2011/04/12/death-of-newspapers-jeffrey-cole/
 ★★ 2010国民生活調査報告書 NHK (日本は20代は14%しか新聞を読まない)
   http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/yoron/lifetime/pdf/110223.pdf

Cole directs the Center for the Digital Future at the USC Annenberg School of Communication and Journalism, which has been studying the effect of the Internet since 2000. Cole said that 11 years ago, he appeared at a newspaper convention and told the attendees that their industry had only 25 or 30 years or life left. Today, at Ad:tech conference in San Francisco, he said that he was too optimistic — he predicted now that most newspapers have less than five years to go.
The reasons for this are pretty familiar for anyone who reads “death of journalism” articles. In the past, people would usually pick up the newspaper habit in their 20s or 30s, but that isn’t happening anymore, Cole said, so when an old newspaper reader dies, they aren’t being replaced. And where prognosticators once tracked the disappearance of two-newspaper towns, they’re now counting the increasing number of no-newspaper towns.

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年8月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031