世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<フェースブック>オンライブの3Dゲームがフェースブック上のソーシャルゲームとして登場へ!!


 ゲームビートの記事ですがE3前の発表では、3Dゲームのオンライブがフェースブック上に登場します。オンライブは重いビデオカードが不要のためセカンドライフなどの3Dサービスがブラウザーベースのサービスを作る際、ぶつかったパソコン側のGPUの壁がありません。ですからフェースブック上のアップスとして登場すれば2D感覚でゲームにすっとはいれます。
 これは寧ろフェースブックが大歓迎です。ソーシャルゲームが3Dへと進化しますから。ゲームのクリップをどんどんフェースブックのニュースフィードに貼り付ける訳ですね。
 オンライブは2010年中旬からゲームサービスを本格開始しています。
 ゲームのネットフリックスとして例えば$9.99ドルで使いたい放題のゲームをサービスすると見られています。ディズニーとか有名企業がどんどんゲームを出しています凄いですねえ。クラウド型のサービスは。
 またオンライブはインテルと提携してプロセッサーに埋め込めるアップスを開発します。これで一挙にデジタルテレビの多くに登場できます。当然、モバイル機器にも。
 尚、仮想社会サービスのセカンドライフもライバルサービスのオトイを使ってブラウザー版を本格テスト中です。
onlive.jpg
onlive-2.jpg
 <引用もと:ベンチャービート>
 ★★ With Facebook deal and more, OnLive shows off impressive momentum
  http://venturebeat.com/2011/06/02/with-facebook-deal-and-more-onlive-shows-off-impressive-momentum/

With the Facebook launch, you can play a game and then share your favorite scene — called a brag clip — instantly on Facebook. Friends can click on that link when they see it on your Facebook page, and it takes them directly into the OnLive service, where they can sign up or just log in. They can then instantly see that brag clip. They can also instantly join a game that you are playing or watch a game that you are playing — all with just a single click. The reaction is instantaneous.


Disney Interactive Studios is now making its games available through OnLive, joining a total of 50 top game publishers who are participating in the service. About 40 of those publishers already have games on the service. Disney’s first two games are the hit racing games Split/Second and Pure.

 日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031