世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<スマートテレビ>スマートテレビの韓国内市場でのサムソンのシェアはテレビ全体の10%(人民日報)


  中国の人民日報ですが、韓国のサムソンや中国のハイセンス、ハイアールなどがスマートテレビを出しています。まだまだ視聴者には慣れない新技術なので多くの人々が戸惑って購買に躊躇しているが、既に韓国ではサムソンのスマートテレビ単独でテレビ全体の約10%のシェアを取ってると述べています。LGを加えるとどのくらいになるのでしょうか?
 韓国や中国ではインターネットテレビではなく、アップス付のスマートテレビが視聴者の戸惑いと共に確実に浸透しているようです。


周知のとおり、2011年にアメリカで開催された世界最大級の家電ショー「2011 International CES」において、最も注目を集めたのはタブレット型PCでもスマートフォンでもなく、サムスンに代表されるスマートテレビだった。
 2011年はスマートテレビ元年と呼ばれている。ある機関は、今年スマートテレビ市場のシェアが10%以上伸びるとの予測も出した。またサムスンの調査によれば、サムスンSmart TVは現在、韓国国内のテレビ市場ですでに10%前後のシェアを占めているという。世界的に見ても、スマートテレビはすでに発展・拡大の基礎を固めようとしている。アップル、グーグル、インテル、サムスンなど多くの国際的大企業が、スマートテレビ市場を重視している。つまるところ、「テレビ」という概念は今、「従来のテレビ」と益々距離を取り始めているのだ。

 ★★【特別企画】7つの疑問からスマートテレビを解読
 ★★ スマートテレビ 7つの疑問(1)
 ★★ スマートテレビ 7つの疑問(2)
日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年12月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031