世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<ソーシャルテレビ>IPTV初、「ひかりTV」でTwitter連動機能の提供を開始


 いよいよ地デジ後の動きが活発になってきました。NTTぷららのプレスリリースですが、「ひかりTV」でTwitter連動機能の提供を開始します。
 尚、KDDI系のJCOMさんもソーシャルテレビはスマホ版を準備していると聞きました。
(一般視聴モード)
image1.jpg
(応援合戦モード)
image2.jpg
 <引用元:NTTぷらら>

株式会社NTTぷららは、自社が運営する映像配信サービス「ひかりTV」において、ソーシャルテレビサービスの取り組みの一環として、放送中の番組画面上でTwitterのツイートを表示するTwitter連動機能を、8月27日(土)・28日(日)に独自編成チャンネル「ひかりTV チャンネル」で放送予定のプロ野球「埼玉西武ライオンズ 対 北海道日本ハムファイターズ」の試合中継で提供します。同機能はエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社の技術協力により実現しました。
 Twitter連動機能は、テレビ画面上でTwitterのツイートを楽しみながら番組を視聴できる機能です。対象番組の放送中に「d」ボタンを押すと、パソコンや携帯電話、スマートフォンなどからツイートしたコメントや応援メッセージが「ひかりTV」の画面上に表示され、球団ごとに応援メッセージが表示される「応援合戦モード」などに表示を変更することもできます。他の視聴者とツイートしあうことで、感動的な瞬間や気にいったシーンなどを共有し、大勢で一緒にテレビを見ているような感覚で番組をお楽しみいただけます。
 また、8月28日の放送では、西武ファンのお笑い芸人 キングオブコメディ今野浩喜さんと、日本ハムファンのタレント 鈴井貴之さんが、それぞれのチームの応援隊長としてツイートに参加し、一緒に応援します。
 この他、「第5回全日本アニソングランプリ※1 東京予選大会」や「第5回全日本アニソングランプリ 決勝大会」においても、Twitter連動機能を提供する予定です。
 昨今、テレビの視聴スタイルは「みんなで楽しむ」から「ひとりで楽しむ」傾向が高まる一方で、“つながる”ツールとして、Twitterなどのソーシャルメディアの利用者は拡大しています。「ひかりTV」は、“つながり”ながらテレビを視聴したいというソーシャルテレビサービスへのニーズに応え、このたび、Twitter連動機能を提供することにしました。「ひかりTV」では、今後もソーシャルテレービスへの取り組みを強化することで、視聴者同士の“つながり”を通してテレビを「みんなで楽しむ」という、新しい視聴スタイルを提案していきます。
■ 対象番組(予定)
・ひかりTV BASEBALL LIVE 2011 (8月27日、28日放送)
・第5回全日本アニソングランプリ 東京予選大会(8月6日放送)
・第5回全日本アニソングランプリ 決勝大会(10月9日放送)
10月に放送を予定している第5回全日本アニソングランプリ 決勝大会においては、テレビ画面から投票することができる投票機能の提供も予定しています。お客さまの一票が出演者の得点に反映され、会場と一体感を感じながら視聴できます。
番組の詳細およびこの他の対象番組は、「ひかりTV」 ホームページ(http://www.hikaritv.net/socialtv/)をご覧ください。
※1全日本アニソングランプリとは、「アニソンで未来を創る」をコンセプトに掲げ、次世代のアニソン界を担う人材の発掘・輩出を目指すアニメソング限定のオーディションです。


  ★★IPTV初、「ひかりTV」でTwitter連動機能の提供を開始
~みんなで一緒に観戦。感動のシーンをツイートしながら共有しよう!~

  
日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031