世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<M&A> グーグルのモトローラモビリティ買収への予想される5つの反応



 CNETなど多数の記事が出ていますが、パテントを巡るグーグルのモトローラモビリティ買収劇はモバイルの世界の風景を一変させかねない動きと捉えられています。
 まずCNETですが、予想される5つの反応=動きを取り上げています。
  1、マイクロソフトはアジアのメーカー中心に激しく売り込むだろう。
    予想されたノキア買収にマイクロソフトはインセンティブを失う。その結果、ノキア買収は遠のき、現在のマイクロソフトーノキアのタイアップ関係は現状で維持される。一方マイクロソフトはSamsung, HTC, and LG Electronicsなどの台湾、韓国メーカーなどにWINDOWS PHONE 7の採用を働きかける。
    「アンドロイドOSにしがみついているとグーグルに何時か裏切られるぞ!!」と脅しをかける。
  2、アマゾンはHPのWEBOSを採用するかもしれない(Amazon and Hewlett-Packard team up via WebOS )
   アマゾン、アップル、グーグルはクラウドサービスを巡って激しい競合関係にある。
  アップルはIOS、グーグルはアンドロイドOSを持っているがアマゾンには何もない。従ってHPの WebOS(旧 Palm のOS) を採用する方向に行っても不思議ではない。
  その場合、HPは喜んで協力するだろう。
  3、 ブラックベリーのRIM(Research In Motion )およびパテントが買収ターゲットになる。
     (Research In Motion becomes an attractive acquisition target, but who’s buying?)
   3年間で8割株価が下がったRIMは約10,000 to 15,000のパテントを持っている。その内、モバイルに特化しているものが3000ある。MicrosoftとHPがRIMを買収すると言う見方がある。
  4、ソニーエリクソンはパテントを販売する?
   (Sony Ericsson may feel pressure to monetize its patents. )
   シンビアンからアンドロイドOSに切り替えたソニーエリクソンは、次第に順位を下げている。一方モバイルに特化したパテントを1,470 持っている。売り上げが伸びない中(シェアが3%から1%に下がった)パテントを売りたいと言う衝動に駆られるだろう。
    と言うより投資家からパテントを売れと言う圧力がかかる。
  5、アップルはコダックのイメージパテントを買うだろう。
    モバイルの次はコダックが売りに出そうとしているイメージ処理関係のパテントである。約1100のパテントがある。

★★Five possible responses to the Google-Motorola merger
日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031