世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<スマートテレビ>Appleの次なる目標は「テレビ」か 試されるクックCEOの手腕(ロイター)


 ITMEDIAがロイター記事の翻訳をしています。ジョブス氏の後継のクック氏の実力を試されるのは噂されているテレビ本体の販売だろうと。

ジョブズ氏は「Apple TV」を趣味と呼んでいたが、この製品はAppleの華々しい成功の歴史における珍しい失策の1つでもある。Apple TVは2006年にリリースされた4インチ四方のセットトップボックスで、プラズマテレビや液晶テレビをWebと接続させられるというもの。
 もしクック氏がジョブズ氏の失敗をうまく引き継ぐことができれば、同氏には既に定評のある経営手腕に加えてAppleをリードする上でのビジョンがあるのかどうか、という疑問を解消できるだろう。
 「Apple TVは同社の製品ラインアップの中では明らかに失敗作だ」とCCS Insightのジョン・ジャクソン氏は言う。「世の中には常に革新を続けなければならないというプレッシャーがあるが、とはいえ、目下Appleには十分すぎるほどの勢いがあり、映画やテレビ、車といった旧来の分野を直ちに改革する必要には迫られていない」とさらに同氏。
 インターネット機能をコンピュータからテレビに移すことは、消費者向けテクノロジー企業にとって長らく「次なる目玉」とされてきたが、今のところ、広く一般に受け入れられるような製品の投入に成功した企業はない。


 ★★ Appleの次なる目標は「テレビ」か 試されるクックCEOの手腕
   日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年12月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031