世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<ロケーションサービス>米国のスマートフォン参加者が使い始めたロケーションサービス!!


ReadWriteWebなど色々記事が出ていますが、Pew Internet and American Life Projectの調査では米国の大人の23%がロケーションサービスを使い始めています。モバイルフォンやパソコン画面上でと言う話です。
 しかしチェックインの場所を知らせるフォースクエアなどのサービスはスマートフォン所有者の12%しか使っていません。米国の全ての大人では4%になるそうです。そして使っているのは若者と言うことになります。
 また Facebook, Twitter, or LinkedInの参加者の)9%が写真を載せる際、場所を自動的に載せるそうです。
 米国でスマートフォンの普及率が全ての携帯電話の35%-40%といわれている中、ロケーションサービスの利用は伸びています。
 しかしまだ場所の検索などが主体で「今ここ」と言う情報を開示する人はまだ少ないようです。

 ★★More Than Half of U.S. Smartphone Owners Use Location Services
 ★★ 28% of American adults use mobile and social location-based services


28% of cell owners use phones to get directions or recommendations based on their current location—that works out to 23% of all adults.
A much smaller number (5% of cell owners, equaling 4% of all adults) use their phones to check in to locations using geosocial services such as Foursquare or Gowalla. Smartphone owners are especially likely to use these services on their phones.
9% of internet users set up social media services such as Facebook, Twitter, or LinkedIn so that their location is automatically included in their posts on those services. That works out to 7% of all adults.
Taken together, 28% of U.S. adults do at least one of these activit

  日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年6月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930