世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<クラウドサービス>クラウドサービスブローカーの活躍



 インプレスビジネス・メディアの記事ですが、企業クラウドでは複数のサービス事業者を束ねるクラウドサービスブローカーが活躍しています。
 記事と離れますが、パーソナルクラウドでありえるのは通信キャリアーが「デジタルハウス=ホームコントロールサービス」で複数のクラウドサービス事業者を束ねるケースかもしれません。
  例えばモバイル機器で省エネや防火防犯、テレビ録画を外から見るデジタルハウスのサービスを一括サービスするケースでは、複数のマネジメントサービスプロバイダーが必要になります。
   健康管理は A社
   医療は    B病院
   防犯は    C社
   
  それぞれのクラウドサービスを通信キャリアーがクラウドサービスブローカーとして総括的に束ねる訳ですね。そして家族に提供します。


仲介サービス担うブローカー業者が登場
クラウド市場で存在感を徐々に増しているニューフェースの例として、「クラウドサービスブローカ(CSB:Cloud Service Broker)」の動向に触れよう。これは、自身ではクラウドサービスの仕組みを持たずに、他社のクラウドサービスを1つに集約して提供する、一種の仲介サービスを提供する企業を指す(図4-1)。

sp37_04_04.png
<引用もと:ITリーダー>
  ★★ 米国最新クラウド事情Part 4

  日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031