世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<パーソナルクラウド>自動車の高速道路などの自動運転が2020年ごろから実際に開始へ!!


tech_driverless50__01__600.jpg
<引用もと:ビジネスウイーク>
 ビジネスウイーク誌ですがグーグルが自動運転の特許をとったり、電気自動車との関連でスマートカーやつながり革命、自動車クラウドが注目されています。
 事故無し運転かつ運転者の運転からの解放ですね。事故の80%が運転不注意が原因なため、IT化すれば事故が減るという発想ですが。
 GPSとカーナビ、そしてスマートカー同士の会話による自動運転が、区画を決めて2020年ごろには実際に開始されます。後はカメラやレイザー技術、レーダーなどが加わります。(車間距離などの確認ですね。)
 BMW、GM、フォルクスワーゲン、フォード、トヨタ、そしてグーグルなどが熱心です。
  ★ モノ支配論理からサービス支配論理へ
 スマートテレビでテレビが「モノとしての提供」から色々なコンテンツをサービスする「サービス機械」に変わるように車も「モノとしての車から、輸送サービス」に変化します。(キーを落としたらクラウド側からエンジンをかけたりするわけですね。)
 グーグルだけではなく、インテルやAT&TがITネットワークに参加しようとビジネス機会を狙っています。
 注目すべきは米国高速道路安全協会( National Highway Traffic Safety Administration)が2013年までに結論を出し、「これはいける」となればルールや運営ルールに策定に入ります。そうなれば一定の高速道路では嘗ての排ガス規制と同様に一定の標準とルールの下、スマートカーだけが交通可能となり、自動運転の時代が始まります。

 
 ★★ Will Driverless Cars Become the New Road Rage?
 日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031