世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<シェアリング経済>仲間同士でちょっとしたサービスを有料提供しあうシェアリング経済が成長!!


 マシャブルの記事ですが仲間市場( peer-to-peer marketplaces)とかコラボ消費(Collaborative consumption)はシェアリング経済と呼ばれています。
 ベンチャーが立ち上がり始め、投資家も真剣になり始めています。
 旅行中に部屋を貸したり、借りたりの Airbnb や自動車の貸し借りは有名ですが、それが広がり始めています。一緒に走ってくれる人を有料で求めたり、暇な学生に子守のアルバイトを頼んだり、 エンジェル投資家も動き出し、201年はシェアリング経済が離陸する年になると記事は予想しています。
 国内でもシェアリングの経済は広がるでしょうか。仮想社会で衣装をお互いどうして販売したり、素人アプリを素人が買ったりするのと同じで非常にソーシャルメディアらしいビジネスだと考えられます。

 airbnb

 今週新しく立ち上がったuniverse

This is only the beginning, though; 2012 looks to be a promising year for those involved with the sharing economy. Super angel Ron Conway recently identified it as 2012′s hot area for angel investment in The Economist. And Fast Company deemed 2012 the “year of peer-to-peer accommodations,” thanks to the emergence of Airbnb clones that hinged off of the company’s outstanding growth.
Collaborative consumption services are getting a lot of attention, yes, but I couldn’t help but notice that only a small percentage of my contacts — even my super techie friends — have tried any of them. So, what gives?


 ★★ The Rise of the Sharing Economy

  ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031