世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<電子書籍>ハリーポンターの電子書籍で作家が何をしたか注目!!?


 ギガオムやペイドコンテントの記事ですが、遂にハリーポッターの電子書籍が登場しました。但し、販売は作家の J.K. Rowlingさんのオンラインストアのみであり、DRMフリーで販売され、各電子書籍リーダーで受け取れるそうです。
  EPUB format とAmazon Kindle formats for use by Amazon Kindle devices and appsです。
 個人の作家が条件を決め、アマゾンが条件に屈したと評判です。
 販売はJ.K. Rowlingさんのオンラインストアであり、アマゾンなどは手数料を受け取る仕組みのようですね。
  
 しかし実際はSony Reader, the Nook from Barnes & Noble, the Kindle and Google’s e-book service (which is part of Google Play)などアップルを除く殆ど全ての電子書店で買える仕組みになっています。
 最大で8コピー色々な機器に対してダウンロードできるようです。


Sony Reader online account (US and Canadian based customers only)
Amazon Kindle (available in most countries)
Barnes & Noble NOOK (US and Canadian based customers only)
Google Play (This service is currently available in Australia, Canada, the United Kingdom, and the United States)

Among the other innovations Rowling offers is the ability to download up to eight digital copies of each book, either for use on another device or for lending. Again, this seems like an obvious feature that e-book publishers could provide

  ★★ Compatible devices and reading services
  ★★ What book publishers should learn from Harry Potter
   ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829