世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<スマートテレビ>シャープ・鴻海、アップルTVにパネル供給が狙いか!!?


 2012年3月29日(今朝)の日経新聞に記事が出ていましたが、シャープと台湾ホンハイの資本参加を含む提携は、アップル製品、特にアップルテレビをにらんだ賭けであると言う見方がもっぱらです。
 日経の記事の根拠はビジネスウイーク誌の記事にあると考えられます。液晶パネルはアップルテレビに不可欠ですから。
以下の動画の中で ブルンバーグは「ホンハイは何故、会社存続が危ぶまれるような大赤字を出したシャープに対してホンハイは16億ドルも出資したのか?」と問いかけ「アナリストはリスクはあるが、サムスンはずしという意味ではアップルテレビに非常にアピールするだろう」と述べています。


 シャープがEMS(電子機器の受託製造サービス)世界最大手の台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業と資本業務提携を決めた。鴻海はシャープに約10%を出資して筆頭株主となり、世界最大のガラス基板を使う堺工場(堺市)で液晶パネルを共同生産する。


“This is a risky and aggressive move by Foxconn, which is betting on current and future Apple products, including the iPad and an Apple television, a product which doesn’t even exist,” said Vincent Chen, a Taipei-based analyst at Financial Holding Co. who recommends investors buy Hon Hai. “Foxconn needs the acquisition to get advanced display technology, which it currently lacks.”


 ★★ Foxconn Counts on Apple’s Future Through Sharp Investment

Why invest in a company that is struggling so badly? That’s where Apple and its TV plans come in. The LCD plant may be an albatross for Sharp, but it can generate strong cash flow. And by taking 46.5 percent of Sharp Display Products, which owns the LCD fab, the Taiwanese are now getting prime display capacity on the cheap. “Maybe Gou is betting on 60-inch TVs seeing a renaissance,” says Moel. “Or maybe on the yen depreciating. Or maybe on Apple TV.”

 ★★ Sharp Investment Makes Sense If Apple TV Is Coming

★★ シャープ・鴻海、アップルTVにパネル供給狙う  堺工場を活用
   ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829