世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<電子書籍>何故出版社と共謀したのか、アップルの役割を十分理解していない司法省!!


apple-store-in-nyc-o1.jpg
<引用もと:ペイドコンテント>
 ギガオムとペイドコンテントの記事ですが、独占禁止法違反裁判ではアップルが5社をまとめる中心に位置し、30%の代理店手数料を稼ぐ為に共謀したとされています。
 しかし両記事は「それは間違いだ」と論じています。
 アップルにとっては電子書籍の手数料などどうでもよく、重要なのはアマゾンのキンドルのiPad販売に対する脅威を感じたと言う点です。(これは鋭い!!)
 アップルはiPad販売で4割以上の粗利を上げていますから、電子書籍をサービスに加えないとまずいことになります。2010年当時のアマゾンの電子書籍市場シェアは9割でした。現在は7割程度と見られています。
 電子書籍市場に出て一定のシェアを確保しないとiPad販売がキンドルに阻止されて上手くいかない、だから出版社が喜ぶ条件で電子書籍市場をitunesにくわえたかったのだと言う見方です。
 今やスマート機器販売の為の顧客の囲い込みの手段としてのサービスの時代(スマート機器+電子店舗+パーソナルクラウドの閉鎖モデル)が幅を利かす時代です。
(アマゾンの場合は店舗販売促進の手段としての閉鎖的なスマート機器キンドル)
アップルの動機はその一環としての電子店舗の立ち上げへの出版社の巻き込みですね。
 既にグーグルプレィに代表されるオープンの時代は終焉しています。
 

  ★★ Apple Downplays Role Of ‘Kindle Threat’ In Alleged e-Book Conspiracy
  ★★ The DOJ’s half-baked explanation of Apple’s role in the e-book case
   ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031