世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<電子書籍>アップルの代理店モデルに基づくスタンダード価格は業界を守らないのか!!?


 ウオールストリートジャーナル誌のブログallthingsDが司法省とアップル+出版社の裁判において何と「アップルの擁護」側に回っています。
 アップルは音楽のビジネスモデル、値段を0.99ドル(一曲)に決め、その3割を手数料にするという提案と同じものを出版業界にしただけだ。この価格の標準化は長い目で見て出版業界を守り、消費者も守ることになると主張しています。
 特に現在市場の約60%をアマゾンが支配している状況(about 60 percent of the e-book market)、一部の書籍を赤字状況=ダンピング状況で売っている状況では、これは必要なことだとも述べています。

  ★★ An E-Book Argument: Are Fixed Prices Needed to Preserve Publishing?
    ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031