世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<電子書籍>司法省は談合裁判でアップルにまけるだろう””


 cnetの記事ですが司法省の訴状はアップルを代理店モデルによる独占禁止法違反の談合の中心にすえていますが、肝心の出版社のトップ会合(Manhattan’s posh Picholine restaurant)にはアップルが参加しておらず、談合の中心と言うのにはかなり無理がある。またアップルが音楽モデルを電子書籍にも当てはめただけだと言えばどうなるかなど司法省がアップルに勝つには難しいと記事は書いています。司法省は出版社には勝てるだろうがと言ったトーンです。
 また談合と言っても値段の話ではなくビジネスモデルの議論だったではないかとも書いています。過去の判例ではこれでは勝てないと。
 そして当時電子書籍市場の90%を支配していた、独占者=アマゾンを結果として擁護するのは、裁判において筋が通らないとも述べています。(DOJ sides with the ‘monopoly’ e-bookseller )

 


One reason lies in the Justice Department’s 36-page complaint, which recounts how publishers met over breakfast in a London hotel and dinners at Manhattan’s posh Picholine restaurant, which boasts a “Best of Award of Excellence” from Wine Spectator magazine. The key point is that Apple wasn’t present.

But even Holder’s version of events didn’t accuse the publishers of agreeing on specific prices. If they agreed on anything, it was on a business model — namely, that the so-called “agency model” that Apple’s iBookstore offered was better than Amazon.com’s wholesale model.


Amazon remains the world’s largest e-book retailer, boasting a market share of as much as 90 percent as of 2010. That market power is what alarmed book publishers, who inked a deal with Apple CEO Steve Jobs to sell their e-books on the new iPad just days before he announced it that January.

 ★★ DOJ is likely to lose e-book antitrust suit targeting Apple


もしAmazonが軽はずみな行動にでるようなことがあれば、電子書籍における強引な価格設定戦略を再び進めることができるという事実を利用するかもしれない。この戦略は、Appleが現れるまで、Amazonによる市場独占の一因となっていた、
 書籍出版社は、Amazonの価格引き下げは市場にとって脅威となると述べており、その理由として、競合他社の多くはAmazonとの価格競争に対抗する余裕がないことを挙げている。

 ★★ アマゾン、電子書籍価格の値下げを示唆–米司法省によるアップルと出版社の提訴を受け
   ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031