世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<電子書籍>アマゾンから株主へ、顧客も作家もアマゾンを愛してる!!


bezos_d6.png
<引用もと:ALLTHINGSD>
 allthingsDの記事ですが、アマゾンのジェフ・ベソスCEOが株主に手紙を書いています。司法省の訴訟に謝辞こそ表していませんが、アマゾンの顧客も作家もアマゾンに感謝し、アマゾンを愛していると述べています。
 またアマゾンの出版部門( Amazon’s Kindle Direct Publishing division)について言及し、アマゾン出版には千人以上の作家が参加しており、毎月千部以上売れている。また二人の作家が Kindle Million Clubに選ばれてると述べています。
 ここでベゾフ氏はアマゾンの出版部門の自慢をしています。
  アマゾンの出版部門は通常の作家の著作権支払いが電子書籍の 17.5% on ebooksであるのに対して、売り上げの70%を著者に支払っています。
  また一方でアマゾン出版の書籍は典型例では2.99ドルで発売され(a KDP book is a reader-friendly $2.99)、そのうち2ドルが作家に支払われます。
  これは典型的なマイクロ取引ですね。(しかし一般出版社には怒りしか湧いてこないでしょう)
  すごいイノベーションですが明らかに既存の伝統出版事業はピンチに陥るリスクがありますね。

Authors who use KDP get to keep their copyrights, keep their derivative rights, get to publish on their schedule – a typical delay in traditional publishing can be a year or more from the time the book is finished – and … saving the best for last … KDP authors can get paid royalties of 70%. The largest traditional publishers pay royalties of only 17.5% on ebooks (they pay 25% of 70% of the selling price which works out to be 17.5% of the selling price). The KDP royalty structure is completely transformative for authors. A typical selling price for a KDP book is a reader-friendly $2.99 – authors get approximately $2 of that! With the legacy royalty of 17.5%, the selling price would have to be $11.43 to yield the same $2 per unit royalty. I assure you that authors sell many, many more copies at $2.99 than they would at $11.43.”

 ★★ Dear Amazon Shareholders: Our Customers Adore Us! Love, Jeff Bezos.
  ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031