世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<スマートテレビ>アップルテレビの登場は家電業界に創造的破壊をもたらす!!?


apple.jpg
<引用もと:アップマーケットtv>
 アップマーケットTVの記事ですが、KAE( a leading strategic marketing and research consultancy)とTolunaの米英における調査によれば、アップルテレビが出れば米国の25%、英国の30%が買いたいと言う意向だそうです。
 そのうちアップルの製品を一つでも持っている消費者は約4割が是非、欲しいといっています。( 2 in 5 (US 38% – UK 43%) )
 アップルテレビで打撃を受けるのはサムスン、LG、ソニーだそうです。ソニーテレビの38%の英国ユーザーはアップルテレビを欲しがっています。サムスンは36%です。また米国のLGユーザーの31%がアップルテレビを欲しがっています。
 まさにアップルマジックですね。
 インターネット接続(73% in the US & 75% in the UK)、テレビアプリ、エアープレーなどが期待されています。
  <解説>
  アップルのマジックは一つでもアップル製品を買った人をとりこにする点にあります。
 iPhoneが売れるとは誰も予測していませんでしたが、iPodを持った消費者が皆iPhoneを買いました。当時のiPhoneは3G対応ができておらず2G機種だったにも関わらず売れた訳です。アップルテレビでもiPadの所有者などが一斉に買えばブームが起きます。これが判っているからサムスンやLGは必死で音声操作やジェスチャー操作をアップルより先取りしている訳です。

 Samsung and LG are the market-leading brands most likely to suffer should Apple decide to launch its mooted Apple TV concept. In the UK, a sizeable 38% of current Sony TV owners and 36% of Samsung TV owners claimed they find the idea of an Apple TV appealing and would buy one. In the US, the brand most at risk from the concept is LG, where 3 in 10 (31%) of owners would be likely to convert should an Apple TV become available.
Approximately 3 in 5 US consumers questioned who were very likely to buy the TV said they trust Apple to produce a high quality TV set (59%), a sentiment echoed by UK consumers (62%). Design also features highly in respondents’ reasons to purchase with over half of all those likely to buy claiming that Apple’s reputation in ground-breaking design would no doubt also be used in TV (52% in US and 58% in the UK).

 ★★ REPORT: DEMAND FOR AN APPLE TV SET THREATENS TO SERIOUSLY DISRUPT CONSUMER ELECTRONICS MARKET
    ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031