世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<オープンからクローズへ>グーグルのモトローラ買収の真意はスマート機器の生産と販売が明確化!!


motorola-lapdock-500 (1).jpg
<引用もと:ギガオム>
 ギガオムの記事ですが、グーグルが当初言っていたモトローラモビリティの買収の狙いは「パテント」であり、その他のことはまったく発表されていませんでした。
 しかしモトローラ買収完了を告げるCEOのラリー・ページ氏のブログは逆にパテントの件は(当たり前として)何も触れず、「時代がパソコンからモバイル=スマート機器にシフトした、グーグルとモトローラはスマートライフに対応する次世代のモバイル機器を作る」と明確に述べています。(“Dennis and the team at Motorola will be creating the next generation of mobile devices)
 これでモトローラの生産部門は売却されず、アップル型のクラウドサービスと一体化したスマート機器つくりにグーグルが進む道ずれであることが明確になったと記事は書いています。 Google Chrome BookのLapDock productなどモトローラのクロームブックも販売します。アンドロイドの各機種とスムースにネット接続します。
 現在の問題はアンドロイドではなく、パソコンのシェア=クロームブックが不調な点です。グーグルはまずモトローラをChromeOSの梃入れに使うと記事は見ています。


    Patents are important, but so is hardware now

 <解説>
いよいよグーグルはモトローラのクラウド録画などと一体化したスマートテレビ(完全にサービス支配論理です。)やグーグルブランドのスマートフォン、タブレットを作り、スマート機器群とグーグルプレイなどサービス支配論理でアップルと直接対決することが明確になりました。これは垂直統合であり、明らかにオープンからの部分決別です。
 今やグーグルはクロームブック(パソコン)からスマートフォン、タブレット、セットトップボックスまで所有するアップルのライバル企業になりました。
 その結果、オープンハンドセットアライアンス(アンドロイドの企業連合)は、グーグルについていくサムスンなどとアマゾンの道を目指す独立派に分解しそうです。


Many users coming online today may never use a desktop machine, and the impact of that transition will be profound—as will the ability to just tap and pay with your phone. That’s why it’s a great time to be in the mobile business, and why I’m confident Dennis and the team at Motorola will be creating the next generation of mobile devices that will improve lives for years to come.

 ★★ We’ve acquired Motorola Mobility
 ★★So Google owns Motorola. What happens now?
 ★★ Motorola’s LapDock: The next Google ChromeBook?
  ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年6月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930