世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<サービス支配論理>ヤマダ電機のネットサービスは面白い!!


yamada01.jpg
<引用元:ヤマダ電機>
 日経ITプロの記事ですが統合型オンラインプラットフォーム「ヤマダ電機マルチSNS」がサービスインです。同社が提供するオンラインサービスを追加/統合されます。
 ゲームサービスの「ヤマダゲーム」、テレビ向けサービスを集めた「やまだテレビ」の提供を6月7日に開始です。また、写真がテーマの「ヤマダフォト(仮称)」と中古品販売の「ヤマダセカンド(仮称)」も早晩、始まります。
 ヤマダ電機の会員数は約2350万人であり(ヤマダ電機会員(ポイントカード会員、ケイタイde安心会員など))会員向けに提供されます。
 そして物理店舗との統合では、来店者にポイントやゲームで使えるアイテムをプレゼントするなどの形でヤマダ電機マルチSNSの会員を実店舗に誘導し「リアル店舗とネットサービスの連携を推進する」そうです。
 <解説> スマート機器の上にサービスを載せ、囲い込む
  日経新聞に載っていた安値のプライベートブランドのタブレットを出して、ネット通販顧客を囲い込むという戦略の意味が明らかですね。アマゾンとアップル、更に「コボ」を出す楽天そっくりです。
 今後はプライベートブランドのテレビなどにはヤマダ電機のアプリを必ず搭載して販売するんだろうと考えられます。

■「ヤマダゲーム」について
【特長】
Android™OS を搭載しているスマートフォンおよびフィーチャーフォンでゲームをお楽しみいただけるサービスです。まずは 12 タイトルのソーシャルゲームからスタート、2012 年度末には約 100 タイトルをリリース予定です。更に、自社開発についても進めていきます。基本プレイ無料、アイテム課金型(※1)で、ゲーム内でコンテンツを取得するのにヤマダ電機のお買い物で貯まったポイントをご利用いただくことも可能です(ヤマダ会員 ID とパスワードを入力することで、ポイントを利用いただけます)。また、店頭スロットマシーンと連携したイベントや、ご利用頻度に応じて会員ランクが上がり、インセンティブが実店舗で受けられるシステムを考えております。
なお、サービス開始を記念して、6月7日より、総額 10 億円相当のアイテムプレゼントキャンペーンを実施します。


■「やまだテレビ」について
アクトビラビデオフル対応(※2)のテレビを対象に、コミュニケーション・ショッピング・生活
情報・旅行情報・ビデオオンデマンドなどがご利用頂けるサービスとなっております。ご利
用に関しては、株式会社アクトビラの提供するマイチャンネル機能をご利用頂く事により、
簡単にご利用頂けます。
【コンテンツ】(一部予定も含みます。)
・ヤマダ電機 テレビ店
・ヤマダモール テレビ店
・ピーチクパーク(お客様による商品評価サイト)
・アクトビラ(ビデオオンデマンド・天気予報)
・じゃらん(旅行予約)
・プインプル(化粧品販売)
・ショップジャパン(通販)
・キャンペーン生活(懸賞)
・e-まちタウン(地域情報)
・日本フードアナリスト協会(食に関するニュース)
(※2)平成 24 年6月7日時点、パナソニック・ソニー・日立・東芝・シャープのテレビが対象。

 ★★ 「ヤマダ電機マルチSNS」 (プレスリリース)

★★ ヤマダ電機がSNS基盤のネットサービス、アクトビラTVにも展開
    ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031