世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<ソーシャルゲーム>ソーシャルゲームジンガの没落はフェースブックの減収に繋がる!!?


 READWRITEWEBやALLTHINGSDなどの記事ですが,、フェースブックが育成したソーシャルゲームの時代は終焉向かい、フェースブックからモバイルへの脱出劇が始まったという内容です。
 ソーシャルゲームはジンガを先頭にフェースブックの売り上げの約12%-15%を占めています。
 さてフェースブックは仮想通貨クレジットを導入し、ソーシャルゲーム関連の決済をクレジットで統一した際、ジンガとパートナーシップを締結し、ジンガにおける参加者の行動(たとえばシティビレで遊んだとか)だけをタイムラインに行動として表示しました。他のゲームに関しては同様の行為は禁止され、ジンガが優遇されていました。
そうなれば他のソーシャルゲームメーカーは、フェースブック広告を大量に打つしか手はありませんでした。わかりやすく言えばバイラルマーケティング上の効果をジンガに集中し、他のゲームメーカーには使えなくした訳です。
 しかしここに来てジンガをはじめとするソーシャルゲーム全体に停滞から没落傾向が見られ、ジンガは5月に約8%も参加者数を減らしています。ベスト10に4本がかろうじて入っていますが、退潮傾向は明らかです。
 しかしもっと深刻なのは裏で全体のゲームアプリ開発者がフェースブック離れを開始している点だと記事は書いています。バイラルマーケティングを事実上、禁止されモバルゲームが台頭する時代には当然の帰結です。
 ジンガの没落、ソーシャルゲーム全体のモバイルシフトはフェースブックにとって減収要因になりかねません。


  <解説>
  フェースブックが広告モデルで成功したのはジンガなどソーシャルゲームの台頭の御かげであり、ソーシャルゲームがアイテム販売=マイクロ取引で得た売り上げの一部を集客のため、広告でキックバックしたためでした。このやり方を企業がファンページ上でまねをしてフェースブックは広告モデルを確立しました。同時にマイクロ取引から仮想通貨クレジットで稼ぐ方法も確立しました。
 後にゲーミフィケーションと呼ばれる手法はこうして出来上がりました。
 企業はファンページにおいて広告とゲームの世界観で参加者を集めてブランドコミュニティを作り上げました。
 しかしここに来てソーシャルゲームが退潮するということは、フェースブックの広告モデルの柱が揺らぎかねません。
 ソーシャルゲームへの飽きと共にスマート革命(パソコンからスマート機器へのシフト)がフェースブックに大きな影響を与え始めています。


Game     Dec 12, 2011    Jun 12, 2012
CityVille    10,110,000     4,600,000
CastleVille 8,100,000 4,500,000
FarmVille 7,200,000 4,100,000
Texas HoldEm Poker 6,300,000 6,800,000
Words With Friends 5,700,000 6,600,000

zynga01appdata_topapps_june12.png
zynga_june12.png
<引用元:readwriteweb>

The problems related to the Facebook initial public offering have diverted attention from the state of the business. While the general impression is that Facebook is building and growing, there are more than a few red flags, notably the company’s social gaming platform and relationships.
Facebook currently earns about 12 percent of its revenues from social gaming — and likely a higher percentage of its profits — led by its deal with key developer partner, Zynga.
But other game developers, unhappy with the way they are treated by Facebook, are taking their games elsewhere. While it’s the biggest platform today, the economics and opportunities to make games on Apple’s iOS devices, or Google’s Android-based devices, are luring developers to change their focus away from Facebook.
The biggest issue for developers is the way the company ratchets viral marketing efforts up and down depending on the partner. For example, a Facebook user who has 30 friends on his/her friends list will receive updates on the activities of those 30 friends. If one of them starts playing a Zynga game such as Castleville, the user will likely receive a notification saying so.
However, if the friend plays a non-Zynga game, the non-Zynga status update typically won’t show up. This status notification is a form of viral marketing, and can have a significant impact on the marketing dollars spent by a developer to drive gamers to download and play their game. The only option for developers is to spend more advertising dollars on Facebook to drive downloads, because Facebook has shut off viral marketing for every company except Zynga.

 ★★The Social Gaming Movement off of Facebook Has Already Begun

★★ Why Zynga is Shedding Users
  ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年6月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930