世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<サービス支配論理>マイクロソフトの自社製タブレット・サーフェースのコンテンツ配信はどうするのか!!?


SurfaceShots.png
<引用元:READWRITEWEB>
 readwritewebの記事ですが、スマート革命(パソコン時代からスマート機器群への個人コンピューティングの移行)の時代には、機器の仕様は優先順位が低く(もの支配論理の終焉)、ユーザーインターフェース、機器間の繋がりのスムースさ、ブランド経験とコンテンツの洗練された配信の仕組み、それを取り巻くエコシステムと言ったサービス支配論理が重視されます。
 ではマイクロソフトのタブレットであるサーフェースの場合はどうなんでしょうか。
 Surface Windows 8 tabletの製品発表会ではサービスに関する発表がなかったわけですが、記事はその点を予想しています。
  1、 電子書籍は Barnes & Nobleと提携か?
      4月にマイクロソフトとのヌック展開の子会社への資本提携を含めたアライアンスが発表されています。
  2、Windows Phone Marketplaceをグーグルプレイに発展させる?
  3、テレビや映画はxbox360のサービスをタブレットにも拡張する? 
    xbox360ではすでに40社以上の局とインターネットCATVやテレビエブリホエアの提携をしていますからこれは大いに可能性がありますね。

  ★★ How Will Microsoft Deliver Content to the Surface?
   ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031