世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<オフィス製品>マイクロソフトオフィス2013はドロップボックス化、スカイプ会話、ソーシャル化などが特徴!!



 マイクロソフトの新しいオフィス製品(マイクロソフト オフィス 2013)のオフィススイート次期バージョン「Microsoft Office 2013」のカスタマープレビュー版ですが、タッチ操作、ペンでの手書き入力、スカイドライブとの自動同期(スカイドライブへの自動保存)やSNSであるヤマーのオフィス統合、スカイプ連携などが特徴です。オフィスもドロップボックス化=パーソナルクラウド化しています。仕事のやりかけでパソコンやタブレットを閉じると、次の機器でオフィスを開いたときにそこから開始するクラウドブックマークの機能もあります。
 オフィス2013を入れて、スカイプを会社の内線で使う時代が来そうです。シスコが協力すれば出来そうですが。


クラウドとの統合も大きな特徴だ。まず、SkyDriveが統合されたことによって、OfficeドキュメントをスマートフォンやタブレットPCなど、どこでも利用可能になった。オフライン状態で編集したドキュメントは、オンラインになるとすぐに同期される。




 ★★ Microsoft、「Office 2013」カスタマープレビュー版公開
ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930