世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<スマート革命&ポストパソコン時代>サービス市販論理の欠如、ベゾス氏が説くキンドルファイアーが馬鹿売れしなかった訳!!


POSTPCCOMPUTING1011-10B-devices-580.png
 <出所:radar>

 ポストPCコンピューティングの時代が来ている。変化の波は前のパラダイムを大きく上回り、飲み込み、創造的に破壊する。


WE ARE entering what some in the technology industry refer to as a post-PC era.

 ギガオムの記事ですが何ゆえアマゾンのキンドルの発表がwindows8やノキアなどの発表よりも注目されているのかを述べています。
 現在、進んでいる変化はポストパソコンの時代=post-PC computingとか,post-PC universe.とかpost-PC jungleと呼ばれています。
 
 このポストPCコンピューティングを日本の総務省は情報通信白書でスマート革命と呼び始めた為に筆者もポストPCコンピューティングをスマート革命と呼んでいます。
 メインフレーム(大型汎用機)時代が終焉し、パソコン+インターネット時代が終焉し、現在は多数のスマート機器+クラウド時代が来ています。これがポストPCコンピューティングです。
 さてギガオムの記事は Apple modelと Amazon modelが、ポストPCコンピューティングの勝ち組であり、グーグルとサムスンが必死で追いすがっている構図をとらえています。だからアマゾンのプライベートブランドであるキンドルは、ノキアのスマートフォンなどよりも注目されると言う見方です。
 何しろ2020年までに100億個のスマート機器がネットに繋がりますから。
 アマゾンのベゾス氏は、キンドルファイアーの売り上げが2011年ホリデーシーズン後落ちた訳を、消費者は一時的に値段の安い「タブレット機器としてキンドルファイアー」を買った、飛びついた。しかし長い目で見れば勝負は機器の上のサービスである。生活者はサービスを欲しがる時代が来ていると述べています。
 機器の仕様=モノ支配論理からサービス支配論理へと生活者の財布が移行していると言う見方です。
 アマゾンのポストPCコンピューティング上のサービス支配論理はいまだ不十分という見方でしょうか。

 英国エコノミスト誌の動画

Specifically, Bezos began the event by talking about how customers are smart. They didn’t buy the many Android tablets that proliferated over the last year because they “want mere gadgets.” Rather, they want services that get better over time.

 ★★ Amazon kindles the competitive fire: “We’re the elephant in the room”
 ★★ You say you want a revolution? It’s called post-PC computing
 ★★ Beyond the PC
   ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930