世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<スマート革命>アマゾンのスマート革命の未来、多様、野望、拡大!!



 テッククランチの記事ですが、アマゾンがアップル型の機器によるサービスの囲い込みを急いでいます。アップルとの違いは「スマート機器販売ではなくサービスで稼ぐ」です。その為、販売した機器の稼働率が非常に重要になります。その為の人の採用やR&Dに相当投資(人もお金も)していると書いてあります。
 そのため、Goods. Devices. Delivery. Payments. Power.が鍵になります。
 特にクレジットカードの情報を握っている、アマゾンは決済ビジネスに出る可能性があります。(ペイパルやスクエアのような?)
 記事には物理的な物販(physical goods)も含むスマート機器を活用したサービスの囲い込みについて説明しています。アマゾンはスマートテレビのロク(ネットフリックスが育成したハードウエアベンチャー企業)の買収の憶測も出たり消えたりしています。
 アマゾンのクラウドコンピューティングはAWS などの売り上げが年間10億ドルとまだまだ小さく(たとえばアップルのitunesは年間20億ドルの売り上げ)、まだいくらでも伸びます。

 
 

★★ The Future of Amazon: Ambitious, Diverse, And Expansive
 ★★ Amazon Doesn’t Want To Be More Like Apple, It Wants To Be More Like Amazon.com
  ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年7月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031