世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<スマート革命&スマートカー> グーグルの大変なロビー活動が無人運転の実施を支えた!!


self-driving-car.jpeg
<引用もと:テッククランチ>
 テッククランチの記事ですが、グーグルはカリフォルニアとネバダの二つの州で無人運転の実験を実施しています。特にカリフォルニアでは州政府を説得し、ハイウエーパトロールを黙らせる為に大変なロビー活動を実施したと記事は書いています。
  シュワルツネガー知事のDeputy ChiefであったHoward Posner氏を雇ってロビー活動を行いました。また$144、000ドルを使い、その上キャンペーン広告だけでも89000ドルを使いました。
 <解説>
  グーグルの無人運転はスマートグリッドやスマートコミュニティの一部としての交通事故撲滅と言う社会的課題の解決の流れです。一方生活者、消費者のスマート機器活用=サービス支配論理に基づく新たな経験価値の提供の流れが、カーナビゲーションやカーエンターテインメントの刷新と言う形で新たに登場しています。
 ともにinternet of things から派生した流れですが、一体化の方向です。
 スマート革命によりインターネットが情報だけではなく、モノ=車を動かし始めました。

 ★★ How Google’s Powerful Lobby Legalized Driverless Cars In California
  ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年7月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031