世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

フェースブックのパソコン広告が下がり始めた、今後は明らかにモバイル広告だよりへ


テッククランチの記事ですがフェースブックのパソコン広告が下がり始めた点を取り上げています。

第三四半期は広告売上(全体の80%)が18億ドル($1.8 billion)です。内訳はパソコン広告が $918 million.モバイル広告が $882 millionです。一方第二四半期は全体が $1.6 billionであり、パソコン広告$944 million がモバイル広告 $656 millionがでした。ちなみに第一四半期のパソコン広告は $875 million.でした。明らかにパソコン広告が下がり始めています。

<解説>

 ミクシィがスマート革命(ポストパソコン時代)への以降時、ガラケーとパソコン広告が激減したことを考えればフェースブックは実にうまく舵取りをしています。もはやモバイルファーストというよりモバイル広告頼りの会社ですね。

問題は日本のLINEや中国のWECHAT(微信)のようなマーケティングアプローチ、広告アプローチを米国のメッセージアプリサービスは未だ開始していない点にあります。もしホワッツアップやスナップチャットが洗練されたマーケティングに出た時、フェースブックのモバイル広告がどうなるか見ものです。現にスターバックスはショートメッセージでのマーケティングを開始しよとしています。

だから誰しも一応はフェースブックを現時点では愛でるものの手放しで大丈夫とは思っていないようです。

 

★★Facebook’s Desktop Ad Revenues Fell $26M In Q3 As Its Mobile Ad Revenue Surged $226M

 

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829