世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

スターバックスが coffee makersや冷蔵庫をインターネットに接続する店舗を2014年倍増!!


 <出所:ブルンバーグ> 

ブルンバーグの記事ですが2014年からスターバックスはお店のClover coffee-brewing machines(時間や温度の調節、メニューセットをネットで行えるコーヒーメーカー)や冷蔵庫をインターネットに接続して効率化を図るそうです。クラウドサービスに処理の仕組みを置いてコーヒーメーカーから顧客の好みやメニューの自動更新、スタッフの支援をモノのインターネットで実施します。また冷蔵庫をインターネットに繋いで「後三日でミルクを捨てなさい」と言った指示をお店に出します。CloverNetと言われるサービスです。1万1千ドルのネット接続コーヒーメーカー($11,000 Web-based brewers)は既に500台入っています。この数を2014年には倍に増やし、更に他の機器をCloverNetに繋ぎます。

 

またステープルズはスマートフォンから店舗の鍵を開閉するサービス、照明をオノフするサービスを仕組みとして販売します。

 

Over the next year, Starbucks said it plans to double the number of its Clover coffee-brewing machines, which connect to the cloud and track customer preferences, allow recipes to be digitally updated and help staffers remotely monitor a coffee maker’s performance. Also in the works: connected fridges that indicate when a carton of milk has spoiled.

★★Starbucks Links Coffee Makers to Web Fueling $27B Market

★★3 Ways Starbucks Is Innovating and Why You Should Care

ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031