世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

アップルとコムキャストの提携話の背景は複雑!!


 <出所:ギガオム> 

アップルとコムキャストがアップルテレビを巡って提携話をしているとウオールストリートジャーナル紙が書き立てて大騒ぎになっています。Comcast’s online TV businessをアップルテレビに流す代わりにアップルはアップルテレビへのトラフィックを一般トラフィックと分離した特別扱いを求め、なお且つ月次の売り上げの一部が欲しいと言うモノです。(これに対してアップルがアップルテレビの特別扱いを求めるのはネット中立化の精神に違反だと批判が出ています。)

 

一方コムキャストはオーバーザトップサービスには全て独自のセットトップボックスX1 set-top-boxやその後継のX2、更にクラウド録画で対処する姿勢であり、例えばロクの HBO Go app on the Rokuには番組を出していません。代りにコムキャストのアプリを使えと言う姿勢です。

では何故両社はパートナーの話し合いをしているのでしょうか?

一つにはNBCの買収によりコムキャストはFCCからネット中立化の精神を守ると約束させられている為であり、もうひとつはタイムワーナーとの合併の問題があるからです。独占禁止法違反の有無など煩い審査です。

確かにマイクロソフトのXBOX360ではトラフィックの特別扱いをコムキャストは認め、それに対してネット中立化論者が批判していました。(own TV Everywhere app on the Xbox 360 as a managed service)そして全体のストリームはコムキャストが管理していました。

アップル以外にもDish, DirecTV or Sonyなどの企業がコムキャストから番組を出してもLらいたがっています。また一般インターネットのトラフィックと異なる特別扱いを求めています。しかしこれらはライバル企業です。

どうも行方は混とんとしているようです。

 

Now take that already unlikely scenario, and add another red herring: managed services. Apple wants Comcast to treat its service separate from the public internet, and ensure that it’s not subject to last-mile congestion when the rest of the neighborhood is busy binge-watching House of Cards on Netflix, according to the Wall Street Journal.

 

 

★★Something smells fishy about that Comcast–Apple TV story

 

 日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031