世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

蟻や蜂のような群れで動く超小型昆虫型ロボット(swarm robotics)が米国で研究されている!!


 GPS

<出所:ビジネスインサイダー>

ビジネスインサイダーの記事ですがSRIやコロラド大学の研究を取り上げています。蟻や蜂のような群れで動く超小型昆虫型ロボット(swarm robotics)が自己組織化して多数が集まって地図を作る、何かの故障を直すなどの仕事をします。そう言えばアマゾンの倉庫ロボットも同じ発想で動いています。特にコロラド大はロボットをDropletsと名前を付け、クラウドファンディングで資金$10,000を募集しています。Dropletsは電気の補給なしで永遠に動きます。蟻や蜂のように群れが自己組織化して動くと言う発想は日本には無いですね。群れの知恵(swarm intelligence)と言うのは面白いですね。

これらの実現もっスマートフォンなどの発達でコストが下がった恩恵です。

As electronic components plummet in price thanks to the insane consumer-driven pace of mobile device development, it’s becoming more and more realistic to talk about building robots that are cheap enough to be disposable.

Magnetically Actuated Micro-Robots for Advanced Manipulation A

Droplets – liquid that thinks

 

 

 

★★ The University Of Colorado Boulder Is Building 1,000 Swarming Robots That Never Need To Be Recharged

★★ Researchers Invented Insect-Sized Robots That Can Swarm Together And Build Just About Anything

★★Be part of a special community driving the unique ideas of students, faculty and staff.

  日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

 

関連記事

2019年4月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930