世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

ロケーションの数が勝負の米国クラウドサービス


<出所:ギガオム>

CLOUDshutterstock_138708365

 

ギガオムの記事ですが、値下げ競争が激化する中、更なる体力勝負が始まっているクラウドサービスです。理由はデータセンターのロケーション数の重要性です。大手のグローバル企業の獲得を考えた場合、そうなるとお金があるIBMのソフトレイヤーやマイクロソフトのアジュールも有利です。マイクロソフトは標語からデバイスを外し、サービスで勝負する方向ですから。

1、サーバー生涯に対処するバックアップによるリスク回避

2、各国の規制対策、様々な規制対処の場所におけるサーバー設置が必要

3、レスポンス対策、遅延対策

Data Center Locations by Geography
Provider USA Europe Asia Other
Amazon Web Services 3 1 3 1
Microsoft Azure 5 2 4 1
Google 1 1 1 0
Rackspace 3 1 2 0
Softlayer 5 2 2 0

Azure is in the lead with 12 regions, followed by Softlayer (9), Amazon (8) and Rackspace (6). Google loses out, with only 3 regions.

★★The next big front for cloud competition: Location, location, location

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031